Summary

・ブンデスリーガ第12節最終日、ヘルタ対マインツ

・ヘルタがイビシェビッチの2ゴールで逆転勝利

・原口はフル出場、武藤はベンチ外

11月27日、ブンデスリーガ第12節最終日が行われ、原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは本拠地で、武藤嘉紀のマインツと対戦し、2ー1で勝利した。原口は右MFでフル出場、武藤はベンチ外となっている。

ヘルタ 2ー1 マインツ

序盤はヘルタがややボールを保持するも、両チームとも決定打に欠ける展開で試合が進む。

最初のビッグチャンスは20分、ヘルタがゴール左の位置で直接FKを獲得すると、プラッテンハートが蹴ったボールから、フリーのイビシェビッチがヘディングシュート。しかし狙いすぎてしまったためか、左ポストの外側数mのところへ飛んでしまった。

さらに23分、激しいプレッシングから高い位置で奪い返すと、原口がペナルティーエリア右に進入。中へ切り返したところで、原口ではなくイビシェビッチがシュートを放ったが、これはGKレッスルが防いでいる。

するとその2分後、カルーが中盤でボールを失い、マインツのカウンター攻撃。オストゥナリが右サイドを突破し、ペナルティーエリア右でプラッテンハートも振り切って中央にグラウンダーパスを送る。そしてニアサイドでラングカンプとデブラシスが競ったこぼれ球をセイデルが押し込み、マインツが先制点を奪った。

しかしヘルタもホームの意地を見せる。36分、前線へ放り込んだロングボールはバログンにヘディングでクリアされるが、それをカルーが左サイドで拾い、ゴール正面のイビシェビッチに横パス。イビシェビッチは絶妙のトラップでDFのプレスをかわし、右足でネットに蹴り込んで1ー1の同点となる。

後半に入り試合が動きを見せたのは62分、グバミンがペカリクへのスライディングタックルで2枚目のイエローカードを提示され退場。マインツは10人での戦いを強いられることになった。

これを機にヘルタはさらに前への圧力を増すようになり、67分にはペナルティーエリア右のダリダからシュタークへ渡ってシュート。DFのブロックに遭いボールが逆サイドに高く上がると、カルーがダイレクトで中へ折り返し、イビシェビッチが押しこんで、ついにヘルタが勝ち越しゴールを奪った。

74分には、そのイビシェビッチがデブラシスにファウルを犯し、この試合2度目の警告を受けてレッドカード。ヘルタも1人が退場し、試合は10人対10人の展開となったが、このままスコアは動かず、ヘルタが2ー1で白星をもぎ取った。

これでヘルタは7位から一気に3位へと浮上し、逆にマインツは9位へ後退している。

【得点】

ヘルタ:イビシェビッチ(36分、67分)

マインツ:セイデル(25分)

【ラインナップ】

ヘルタ(4ー2ー3ー1)
ヤルステイン;ペカリク、ラングカンプ、ブルックス、プラッテンハート;ルステンベルガー、シュターク;原口、シュトッカー(64分 ダリダ ※ダリダは90分にエスワインと交代)、カルー(82分 シーバー);イビシェビッチ

マインツ(4ー2ー3ー1)
レッスル;ドナティ、バログン、ブンガート、ブスマン(84分 ラッツァ);ラマーリョ、グバミン;オストゥナリ(75分 コルドバ)、マリ、デブラシス(84分 オニシウォ);セイデル