Summary

・レーバークーゼンのキースリング、CLトッテナム戦後のインタビュー

・ケガで出遅れていたキースリングは、この試合が今季初のフル出場

・レーバークーゼンは週末のリーグ戦で今季無敗のホッフェンハイムと対戦

10月18日に行われた欧州チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第3戦で、レーバークーゼンはトッテナム(イングランド)と0ー0で引き分けた。チームは3戦3分けといまだ勝ち星がなく、グループEの3位。試合後、長期離脱から復帰し、久々の先発フル出場を果たしたシュテファン・キースリングがインタビューに応じた。

――スコアレスドローという結果をどう見ていますか?

キースリング 90分を通じてとてもいいゲームができた。特に後半はね。両者が正面からぶつかり合う展開だったけど、今季プレミアリーグで素晴らしい戦いをしているトッテナムと互角に戦えたと思う。決定的なチャンスを勝利につなげることができなかったけどね。CLでまだ負けていないのはあまり意味がない。ただ、まだ自力で勝ち上がるチャンスがある。残り3試合で必要なのは2勝。僕らにはそれができると思う。

――チチャリートのシュートがライン上でクリアされるなど、なかなかゴールが遠い試合でした。FWとしてはがっかりするものでしょうか?

キースリング そういうこともあるけど、次の試合ではゴールが決まるはずだ。あの場面はラインを割ったと思ったんだけどね。今はホーク・アイ(ゴールライン・テクノロジー)があるから。

――グループEの状況をどう見ていますか?

キースリング これだけ(勝ち点が)詰まっているのは、僕らにとっていい状況だけど、やはり勝ち点が少なすぎる。トッテナムとのアウェー戦は負けられなくなった。モナコとの最終戦を迎える前に、モスクワでの第5戦も勝っておかなければいけない。これが僕らのプランだけど、簡単にはいかないだろう。もう負けは許されない。

――長い戦線離脱の後、初めてフル出場できたのは大きいのでは?

キースリング 今は力尽きてクタクタだよ。それは見ていた人も気づいたと思う。ただ、歯を食いしばって最後まで持ちこたえられたのはうれしい。もちろん、こういう大事な試合で先発メンバーに入れたことにも喜びを感じたよ。正直に言うと、フルで出ることになるとは思っていなかったからね。

――週末のホッフェンハイム戦でも、90分プレーするだけの力はありますか?

キースリング もちろんだ。今日は70分で力尽きてしまったけど、僕がずっとフル出場したいと思っていたのは誰もが知っていることだからね。

――あなたではなくチチャリートが交代で下がったことに驚いたのでは?

キースリング そこはあまり考えていなかった。チチャがピッチから離れたので「どこに行くんだ?」と聞いたんだ。でも掲示板を見て、もうひと踏ん張りしなければいけないのだと分かったよ。

――後半の内容を踏まえ、土曜日のホッフェンハイム戦にはどのような期待を持っていますか?

キースリング 今日の試合内容はポジティブなもので、全員が力を出し切っていた。こういうパフォーマンスが常にできるようにやっていかないと。それができれば結果はおのずとついてくるはずだ。

――ブンデスリーガでも意欲が沸いてくるのでは?

キースリング 意欲は前からある。たとえベンチに座っていてもね。この夏は自分にとって難しい時期だった。復帰を目指して戦い、戻ることができた。そのことはとてもうれしいし、誇りにも思っている。これからはずっと出るつもりだ。現役引退まで、あとどれくらいの試合に出られるかだね。

――週末の相手は今季いまだ無敗です。

キースリング まだ負けてないの? じゃあ、僕らが最初に土をつけるチームになるね。