ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)とピエールエメリック・オバメヤン(ドルトムント)。今季もブンデスリーガは点取り屋2人の得点王を巡る一騎打ちで幕が開けた。第1節終了時点では2ゴールのオバメヤンがハットトリックを達成したレバンドフスキを追う展開だが、ここでは開幕から早くも火花を散らす両選手の強みを徹底比較していく。

ゴールマシーン・レバンドフスキ

レバンドフスキのリーグ通算成績は195試合で124得点。122分に1点のペースでゴールを量産している計算だが、一方のオバメヤンも97試合で56得点、129分に1点と遜色ないペースを誇る。リーグ戦25試合以上に出場している選手に限定すると、この得点ペースはレバンドフスキが3位、オバメヤンが7位となる。また、ゴールだけでなくアシストでも輝くのが両選手共通の能力だが、通算アシスト数においてもレバンドフスキが46、オバメヤンが19と優秀な数字を残している。

決定力ではオバメヤン

ゴール量産ペースでレバンドフスキの後塵を拝したオバメヤンだが、効果的なゴールと決定力では現ドルトムントのエースに軍配が上がる。オバメヤンのゴールは貴重な先制点が30.3%あるのに対し、レバンドフスキのそれは25.8%。1得点するのに必要なシュート数を見ても、オバメヤンが5.1本に1点、レバンドフスキは5.6本に1点と、わずかにオバメヤンが上回る。さらに、オバメヤンが決定機のうちの60.6%をゴールに結びつけているのに対し、レバンドフスキの数字は54.3%にとどまる。決定力でもオバメヤンに分があると言えそうだ。

ピサロの背中を視界に捉えるレバンドフスキ

ブンデスリーガに在籍した外国人選手の通算ゴール数を見ると、レバンドフスキは124得点で現在3位。彼の上にいるのは、38歳でなお現役を続けるブレーメンのペルー代表FWクラウディオ・ピサロ(通算187得点)と、バイエルンで活躍した元ブラジル代表FWジオバネ・エウベル(同133得点)の2人だけだ。一方、ブンデスリーガ在籍6シーズンで124得点はもちろん断トツの数字。歴代でも27位にランクインする。

“爆撃機”ミュラーを超えるハイペース

レバンドフスキはつい先日、ブンデスリーガ歴代最多得点者のゲルト・ミュラー(通算365得点)をも超えてしまった。ブレーメンとの開幕戦でバイエルンでの通算50ゴール目を挙げたが、出場64試合目での大台突破はミュラーの83試合目よりもはるかに速いペースだ。レバンドフスキはドルトムント加入1年目を除き、5シーズン連続で17得点以上を挙げている。過去にこれを達成しているのはミュラー、ユップ・ハインケス、クラウス・フィッシャーの3人のみ。スランプ知らずの頼れるエースはその力をいかんなく発揮している。

開幕戦ハットトリックはオバメヤン以来

意外なことに、レバンドフスキが第5節までに1試合で複数得点を記録したのは今回が初めて。また、ブレーメン戦でのシュート数12はもちろん断トツの数字で、自身にとっても過去最多だった。レバンドフスキはドルトムント時代を含め、開幕戦の連勝を6としたが、これもブンデスリーガにおける最長記録だ。さらに重要なのが開幕戦でのハットトリック達成だ。これは2013/14シーズンにライバルのオバメヤンがアウクスブルクとの開幕戦で記録して以来だった。

リーグ史上最強のアフリカ人選手

ガボン代表のオバメヤンは昨季のリーグ戦で25ゴールを挙げて得点ランキングの2位につけたが、30得点を挙げたレバンドフスキには一歩及ばなかった。しかしシーズン25ゴールは、アフリカ人選手としてはリーグ史上最多の数字。また、ドルトムントの外国人選手としても、オバメヤンはレバンドフスキが2012/13シーズンに記録した24ゴールを更新。2人のライバル対決は実に奥が深い。

オバメヤンの驚異的な開幕ダッシュ

もしも…の話になるが、昨季が第31節で終わっていれば、得点王はその時点で25ゴールを挙げていたオバメヤンの手に渡っていた。昨季はブンデスリーガ史上初となる開幕8戦連発をやってのけたが、今季も開幕戦で2ゴールと上々のスタートを切っており、昨季を超えるゴールラッシュに期待大だ。

オバメヤンは“開幕戦男”

オバメヤンが開幕戦でゴールを挙げるのはブンデスリーガ4年目で実に3度目のこと。開幕戦における通算ゴール数は「6」となった。節別の得点数を見てもこの6を上回る節はなく、まさに“開幕男”と言えそうだ。