Summary

ブンデスリーガ第9節、ボルシアMGとフランクフルトが対戦

長谷部の試合後のコメント

長谷部はDFB杯2回戦に続いて3バックの中央でプレー

10月28日、ブンデスリーガ第9節の初日が行われ、長谷部誠が所属するアイントラハト・フランクフルトが敵地でメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)と0ー0で引き分けた。この試合で3バックの中央のポジションを担い、フル出場を果たした長谷部が試合後のインタビューに応じた。

――試合後のリアクションを見ていると、悪くないなという感じでしょうか?

長谷部 そうですね。アウェーで、相手はチャンピオンズリーグに出るようなチームなので。グラートバッハもそんなに良いわけじゃないですけど、自分たちは戦術の部分でかなり(綿密に)やっているので。この3試合は失点ゼロですしね。

――守備は5バックに近い形でしたよね?

長谷部 相手のやり方次第ですね。相手が2トップできたら3バック。今日は相手が2トップだったのでそれをやりましたけど、相手が1トップだったら自分が中盤というふうに。その辺はフレキシブルにやっています。

――長谷部選手のポジションはセンターバックという感じだったのでしょうか?

長谷部 前につぶしにも行くし、相手はロングボールで裏を狙ってくるので、ボールに対してカバーに行ったりとか。リベロという形だと思うんですけど。

――単純に5枚並べたら守備的という感じもしますが、実際の意識はどうなのでしょう?

長谷部 こういう相手であれば、今日みたいなカウンターで少ないチャンスを、というふうにはなると思います。もう少しバリエーションを持ってもいいかなとは思いますけどね。

――ドイツではリベロという役割へのリスペクトがあり、やりがいはありそうです。

長谷部 もちろんやりがいはありますけど、自分はボランチの選手なので。個人的にはそこで出たいなというのはもちろんあります。でも、1週間で3試合あった状況で、3試合ともフルで使ってもらったので、また監督の信頼を取り戻しつつあるのかなとは思います。