Summary

・欧州チャンピオンズリーグ、グループステージ第5戦

・3位ボルシアMGは本拠地で2位のマンチェスター・Cと激突

・ラファエルの先制弾もむなしく、1ー1のドローで終戦

11月23日、欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第5戦が行われ、メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)は本拠地でマンチェスター・Cと対戦し、1ー1でドローに終わった。

ボルシアMG 1ー1 マンチェスター・C

ブンデスリーガではここ6試合勝ち星がなく、今季最低の13位に沈んでいるボルシアMG。しかし序盤から球際での激しさを見せ、5分と7分にシュートを放つなど、試合を優位に進める。

試合が動いたのは23分、左サイド高い位置でストーンズとの競り合いに勝ったシュティンドルが自ら縦に運び、中央へグラウンダーのパス。後方から入ってきたラファエルがワントラップした後、右足を振り抜いてボルシアMGが先制点を奪った。

決定的なチャンスがほとんどなかったマンチェスター・Cも35分、デブライネが蹴った右CKから、引き気味のポジションにいたギュンドアンがシュート。しかしこれはゾマーが横っ飛びで防いだ。

ボルシアMGに追加点のにおいが漂ったのは38分、ウェントがドリブルで中央から右へ流れ、さらにコラロフもかわしてペナルティーエリア右に進入する。そしてGKとの1対1を迎えたが、ブラボのファインセーブに阻まれている。

このままボルシアMGの1点リードで前半を終了するかと思われたが、ロスタイムに入った直後、ギュンドアン、スターリングとつなぎ、デブライネがゴール右に抜け出す。そこから中へ送られたボールをシルバがダイレクトで流しこみ、マンチェスター・Cが同点に追いついた。

後半最初のチャンスはアウェーのマンチェスター・C。50分、正面でデブライネが放った当たりそこないのシュートが、左で待つスターリングの足下へ転がると、スターリングはこのボールをネットに沈めた。しかし、オフサイドポジションにいたためゴールは無効。

その1分後、試合は動きを見せる。前半のうちに警告を受けていたシュティンドルが、ボールとは無関係なところでオタメンディに不用意なチャージを犯し、2枚目のイエローカード。ボルシアMGは残り40分を10人で戦わなければならなくなった。

ところが63分、ウェントの大きなクリアボールに反応し、前線へ飛び出そうとしたラファエルをフェルナンジーニョがファウルで止めてしまう。するとチャキル主審が手に持ったのは、フェルナンジーニョにとってこの試合2度目のイエローカード。マンチェスター・Cも1人が退場し、ピッチ上は10人対10人の戦いとなる。

高いパフォーマンスを見せていた前半から一転して、後半は押され気味だったボルシアMGは64分、右サイドのホーフマンがカットインし、中のラファエルに預けると、DFをかわしてシュート。だが、おしくもボールは左ポストの外側へ流れている。

このままスコアは変わらず1ー1のまま試合は終了。3位ボルシアMGと2位マンチェスター・Cの勝ち点差は3、また得失点差は5も離れており、ボルシアMGの決勝トーナメント進出は極めて難しくなってしまった。

【得点】

ボルシアMG:ラファエル(23分)
マンチェスター・C:シルバ(45分+1分)

【ラインナップ】

ボルシアMG(4ー2ー3ー1)
ゾマー;エルベディ、クリステンセン、ヤンチュケ、ウェント;ダフート(60分、ベスターガード)、シュトローブル;トラオレ(41分、ホーフマン)、シュティンドル、ジョンソン;ラファエル(84分、ハーン)

マンチェスター・C(4ー3ー3)
ブラボ;オタメンディ、フェルナンジーニョ、ストーンズ、コラロフ;デブライネ、ギュンドアン、シルバ;ナバス、アグエロ、スターリング(68分、サニャ)