Summary

  • ナゲルスマン監督は短期間でホッフェンハイムに大きな変化をもたらした
  • 昨季はクラブを1部残留に導き、今季もここまで無敗と好調を維持
  • 成功の秘訣は指揮官のキャラクターと大胆かつ柔軟な戦術

今季のブンデスリーガは上位を珍しいクラブが占めている。11月18日にレーバークーゼンを破ったライプツィヒがついに首位へ浮上。バイエルン・ミュンヘンはいつも通りの強さを見せ、ドルトムントもそう勝ち点は離れていない。さらにはケルンヘルタ・ベルリンアイントラハト・フランクフルトといったクラブがチャンピオンズリーグ出場圏内を虎視眈々と狙っている。この状況を誰が予想しただろうか?

ホッフェンハイムも予想外の好調を見せるチームの一つだ。2016年を最下位で迎え、昨季は降格の危機に陥っていたが、2月にユリアン・ナゲルスマンが指揮官に就任したことで劇的な変化を遂げた。ナゲルスマンは今夏に就任予定だったものの、昨季途中に前倒しでU-19チームから昇格。体調不良で辞任したベテラン指揮官のフーブ・ステフェンス氏に代わり、正反対の若手指揮官が誕生した。当時28歳での就任はもちろんブンデスリーガ史上最年少。大きな注目を浴びたこの監督交代は劇的な効果をもたらした。ナゲルスマンの大胆な攻撃スタイルによってチームは降格圏を脱出、1部残留を果たしたのだ。

若手指揮官の成功の秘訣は戦術に限らない。「ユリアンは真っ正直な人間だ。彼はいつでも、誰に対してでも率直に話をするんだ」と守備の要であるニクラス・ズューレは明かす。「就任初日から、彼は僕らの自信を奮い立たせてくれた。彼はただ『もうこれ以上悪くなることはない。私は君たちの素晴らしいフットボールが見たいんだ』と話しただけだった。追い詰められた状況で、あれほどの信頼を示してくれたのは素晴らしいことだった。そこから巻き返しが始まったんだ」

クラブはナゲルスマンが適任だと確信していたが、懐疑的な声も多かった。「ユリアンは若いが、未熟ではない」というスポーツディレクターのアレクサンダー・ローゼン氏は「彼の経歴をチェックしてみるといい。彼はすでに10年間も学んでいる。知識は一つの指針に過ぎない。キャラクターやカリスマ性も必要な要素だ」と断言した。その言葉を証明するように、現在29歳となった指揮官は今のところ、どんな疑いをも消し去っている。

「どんな状況でも僕らにはプランがある。驚くほど柔軟なシステムなんだ」とドイツ代表の招集も勝ち取ったズューレが戦術について説明する。「試合中に3、4、5バックへと簡単にスイッチできる。対戦相手は予測が難しいだろうね。それが僕らの大きな強みだ」

第10節のバイエルン戦でも、ホッフェンハイムはその強みを効果的に発揮して勝ち点1の獲得に成功。試合後、今季最後まで上位をキープする可能性を問われたナゲルスマンは、「まだライバルたちが恐れて固まってしまうほどではないだろうね」と彼らしい言葉で返答した。確かにまだ恐れはないだろう。だが、確実に新たな尊敬の念は生まれているはずだ。