Summary

  • ホッフェンハイムは第8節終了時点で4勝4分け無敗
  • 第8節では苦手のレーバークーゼンに敵地で快勝
  • チームは今後2週間でケルン、ヘルタ、バイエルンと対戦する

大混戦が続く上位争いにおいて、ホッフェンハイムがジワジワと存在感を示している。先週末の試合ではレーバークーゼンに3-0の快勝を収めて4連勝。順位も4位まで浮上した。実はこの一戦まで、レーバークーゼンとの対戦成績はリーグ戦16試合で1勝2分け13敗。これまで散々苦汁をなめさせられてきた相手だった。しかし、そんな相性の悪さはすでに過去のもの。ホッフェンハイムは10月22日の試合でそれを証明した。

かつての仲間フォラントが思わぬ仕事

すべてがうまくいったホッフェンハイムに対し、何をやってもうまくいかなかったレーバークーゼン。第8節の一戦では両チームの明暗がくっきりと分かれた。まずは昨季まで4年間ホッフェンハイムでプレーしていたケビン・フォラントが、前半6分にケレム・デミルバイへのファウルで一発退場。それからわずか10分後、そのデミルバイが先制点を挙げると、あとは勝利へまっしぐらだった。

トップチームのディレクターを務めるアレクサンダー・ローゼンも思わぬ形での快勝を喜んだ。「これ以上ない状況を手にすることができた。先制した後は理想どおりの展開だったね。選手たちも自信を持ってプレーしていた。一人少ない相手に85分間、いい試合運びができた」

新戦力がハマってチーム力がアップ

今季のホッフェンハイムは4試合連続ドローでシーズンをスタートさせたが、その後は4連勝と完全に波に乗っている。ローゼン氏は「本当に調子がいい。新戦力もこの短期間でしっかりと結果を出してくれた。昨季後半戦に安定した戦いができたことで、チームは自信をつけることができた。そこに新しい力が加わり、すべての面で戦力アップにつながった」と新戦力の融合に満足している。

新しく加わった面々がホッフェンハイムのプレッシングシステムに慣れるまでには、それなりの時間を要した。ダルムシュタットから加入し、レーバークーゼン戦でチーム2点目を決めたサンドロ・ワーグナーは「これまでとは全く違うシステムに適応するのに最初は苦労した」と認めつつも、「チームメートも僕のプレーに合わせるのに苦労したはず。けれど少しずつ合うようになってきて、次の試合にポジティブな気持ちで臨めている。7試合で4ゴールはいい結果だと思う。十分だよ」と、手応えを口にしている。

「うちの団結力は素晴らしい」

ワーグナーと同じような見方をしているのが、レーバークーゼン戦で先制点を挙げたデミルバイだ。デュッセルドルフから加入したデミルバイは今でこそ欠かせない存在だが、開幕節では出場機会がなかった。彼はチームの好調の原動力が高い結束力にあるという。「調子がいいのは分かっているけど、浮足立たないようにしないと。すごく印象的なのは、このチームは1番から25番まで素晴らしい団結力があるところだ。ピッチを離れてもお互いに助け合う。そこがウチのいいところだね」

正念場の2週間

ニクラス・ズューレはユリアン・ナゲルスマン監督の手腕を称える。「彼は常にプランを持った監督だ。システムは一つだけでなく、どんな相手にも適応できる。それは試合を見てもらえれば分かると思う。ボールを持った時の動きが良くなり、ボールをより落ち着かせられるようになった」

ここまで順調にきているが、ここからの2週間は正念場となりそうだ。ホッフェンハイムは10月26日のドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)では好調ケルンと対戦。続く30日のリーグ戦では3位のヘルタ・ベルリンと、さらにその先の11月5日にはバイエルン・ミュンヘンとの大一番も控えている。

「ケルンとのカップ戦は難しい試合になると思う。そして、絶好調のヘルタとの一戦は最初の腕試しになる」。ワーグナーはこれからの3試合に向けて気を引き締める。「ヘルタ戦とバイエルン戦が終われば、チームの安定感が本物かどうか分かるはずだ。ここまでの戦いを評価するのは、この2戦が終わった後だよ」。ホッフェンハイムにとってこの2週間は、今季を占う最初の試金石となりそうだ。