Summary

  • ブンデスリーガ第11節、ホッフェンハイムとハンブルクが対戦
  • ハンブルクがミュラーの同点ゴールでドローに持ち込む
  • ハンブルクは4試合ぶりの勝ち点獲得

ブンデスリーガ第11節が11月20日に行われ、酒井高徳が所属するハンブルガーSVが敵地でホッフェンハイムと2ー2で引き分けた。ハンブルクの新キャプテンに指名された酒井はボランチの一角として先発フル出場を果たした。

ホッフェンハイム 2ー2 ハンブルガーSV

序盤は開幕から無敗をキープする好調ホッフェンハイムがペースを握る。4分、右サイドを突破したアメリのクロスにクラマリッチがダイレクトで合わせてハンブルクゴールを脅かすと、8分と10分にも右サイドを起点とした攻撃でチャンスを作り出す。

対するハンブルクは15分、ホルトビーのクロスをファーサイドのミュラーがダイレクトボレーで狙うがシュートは枠の外。23分には酒井の鋭い縦パスを受けたホルトビーが反転してシュートを狙うが、シュートはゴールの右に外れた。

試合が動いたのは28分、中盤でボールを奪ったハンブルクが素早いパス交換から左サイド前方に展開すると、エリア内でボールを受けたコスティッチが鋭い切り返しで相手DFを交わしてシュート。これがGKの股間を抜けてゴールネットを揺らし、ハンブルクに待望の先制点が生まれる。

先制ゴールを機に活気づいたハンブルクは、相手に主導権を譲りながらも粘り強い守備と鋭いカウンターで応戦。44分には左サイドを崩されてワーグナーに決定的なシュートを許すが、GKマテニアのビッグセーブでしのいだ。

ところが前半アディショナルタイム、CKからワーグナーに押し込まれて同点とされると、後半立ち上がりの49分にはまたしても左サイドを突破され、最後は逆サイドのツバーに決められて逆転。前半途中からの良い流れを生かせず、あっさりと試合をひっくり返されてしまう。

それでも、この日のハンブルクはこれで終わらなかった。61分、敵陣でのボールカットからコスティッチが左サイドを抜け出してゴール前に絶妙なクロスを供給。これをファーサイドに詰めていたミュラー押し込んで2ー2の同点とする。

その後は自力に勝るホッフェンハイムが攻勢を強め、65分と71分にクラマリッチが決定的なシュート。試合終了間際にもエリア内でフリーになったワーグナーがシュートを放つが、いずれも枠を捉えきれず試合終了。降格危機の中で戦う姿勢を見せたハンブルクが好調ホッフェンハイムから敵地で貴重な勝ち点1をもぎ取った。

【得点】
ホッフェンハイム:ワーグナー(45分)、ツバー(49分)
ハンブルガーSV:コスティッチ(28分)、ミュラー(61分)

【ラインナップ】
ホッフェンハイム(3ー5ー2)
バウマン;ズューレ、フォクト(22分 ビチャクチッチ)、ヒュープナー;カデラベク、アミリ、ルディ、デミル(69分 ルップ)、ツバー;ワーグナー、クラマリッチ(78分 バルガス)

ハンブルガーSV(4ー2ー3ー1)
マテニア;ディークマイヤー、ジュルー、ユング、ドグラス・サントス;酒井、オスチョレク;ミュラー(90分 ポラート)、ホルトビー、コスティッチ(90分 ハント);グレゴリッチ(80分 ラソッガ)