Summary

  • ブンデスリーガ第10節、ヘルタとボルシアMGが対戦
  • カルーがハットトリックを達成
  • 前節まで全試合フル出場の原口は今季初の途中交代

11月4日、ブンデスリーガ第10節が行われ、原口元気が所属するヘルタ・ベルリンがホームでメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)に3ー0で快勝した。開幕から10試合連続先発出場の原口は71分までプレーした。

ヘルタ・ベルリン 3ー0 ボルシアMG

この試合、先に攻撃の形を作ったのはリーグ戦5試合ぶりの勝利を目指すボルシアMGだった。11分、右サイドでボールを受けたヘアマンが中央へ折り返すと、エリア内に駆け上がったシュトローブルがニアでヘディングシュート。しかし、このシュートはわずかにクロスバーの上へ外れた。

対するヘルタは18分、相手陣内でのボール奪取からバイタルエリア手前でボールを受けたワイザーが反転してアーリークロス。これをファーサイドのカルーがダイビングヘッドで押し込み、先制点を挙げる。

30分過ぎには序盤から右サイドで存在感を示していたボルシアMGのヘアマンが右足首を負傷。すると一時的に10人となった相手を尻目にヘルタが追加点を奪う。33分、前線へ放り込んだボールはヤンチュケにクリアされるが、このクリアボールがベスターガードに当たってカルーの前へこぼれる。これをカルーが難なく決めてリードを広げた。

不運な形での失点に追い打ちをかけるように39分にはボルシアMGにアクシデントが発生する。中盤のクラマーがこの日2枚目のイエローカードを受けて退場。2点のビハインドに加え、数的不利での戦いを強いられる。

後半は10人のボルシアMGが攻勢を強め、76分にはセットプレーからベスターガードが強烈なヘディングシュート、78分にはゴール前に抜け出したシュティンドルがビッグチャンスを迎えるが、いずれもヘルタのGKヤルステインが好セーブ。逆にヘルタは84分、ワイザーのスルーパスに抜け出したカルーが冷静に決めてハットトリックを達成した。

3ー0の快勝で勝ち点を20まで伸ばしたヘルタは暫定3位に浮上。一方、敗れたボルシアMGはリーグ戦5試合勝ち星なしとなった。

【得点】
ヘルタ・ベルリン:カルー(18分、33分、84分)

【ラインナップ】
ヘルタ・ベルリン(4ー2ー3ー1)
ヤルステイン;ペカリク、シュターク、ブルックス、ミッテルシュテット;シェルブレッド、ルステンベルガー(56分 アラン);ワイザー、カルー(86分 クルト)、原口(71分 シーバー);イビシェビッチ

ボルシアMG(3ー4ー1ー2)
ゾマー;エルベディ、ベスターガード、ヤンチュケ;ヘアマン(33分 ジョンソン)、シュトローブル(コープ)、クラマー(39分 退場)、ウェント;ホーフマン(85分 アザール);シュティンドル、ラファエル