Summary

  • ブンデスリーガ第10節、ハンブルガーSVとドルトムントが対戦
  • オバメヤンが自身初の1試合4ゴール
  • ハンブルガーSVはリーグ戦で8試合ぶりに得点

11月5日、ブンデスリーガ第10節が行われ、香川真司所属のドルトムントが酒井高徳所属のハンブルガーSVに敵地で5ー2の快勝を収めた。負傷中の香川はベンチ外、酒井は前節に続いてボランチで先発フル出場を果たした。

ハンブルガーSV 2ー5 ドルトムント

ドルトムントにとってハンブルクの本拠地イムテック・アレーナは最近10試合で1勝しかできていない鬼門のスタジアム。しかし、開始早々の4分にエースがそのジンクスを払拭する。左サイドを抜け出したプリシッチのクロスから中央のモルがダイレクトシュート。これはGKアードラーに阻まれるが、こぼれ球をオバメヤンがプッシュして難なく先制に成功する。

立ち上がりの失点で浮き足立つハンブルクを尻目にドルトムントは23分、ジュルーのバックパスをモルがかっさらってエリア内に進入。最後は中央でフリーのオバメヤンが押し込んで2点目を奪う。さらに27分には、バルトラが相手ゴールキックを跳ね返したボールがオバメヤンへの絶好のパスとなり、オバメヤンが単独で持ち込んでハットトリックを達成。一方、ハンブルクの前半のチャンスはディークマイヤーのクロスにミュラーが合わせた41分のシーンのみと、一方的な展開のままハーフタイムを迎えた。

後半に入ってもドルトムントの優位は変わらず、48分にはゴールやや右寄りでプリシッチのパスを受けたオバメヤンが左サイドネットに突き刺して4点目。キャリア初の1試合4ゴールを達成する。

ハンブルクは55分、自陣でのクリアボールをグレゴリッチ、ワルトシュミットが頭でつないで裏に抜け出したミュラーがゴール。リーグ戦8試合ぶりの得点でようやく息を吹き返し、試合の主導権を握り始める。しかし直後の58分、2点目かと思われたグレゴリッチのシュートは、直前にファウルがあったとしてノーゴールの判定。微妙なジャッジで追撃体制に水を差された格好となる。

その後はややオープンな展開となり、ドルトムントは76分に途中出場のデンベレがゴール、ハンブルクも81分にミュラーがこの日2点目のゴールを突き刺すが、試合の大勢には影響なし。ドルトムントがオバメヤンの大爆発でリーグ戦5試合ぶりの白星を飾った。

【得点】
ハンブルガーSV:ミュラー(55分、81分) ドルトムント:オバメヤン(4分、23分、27分、48分)、デンベレ(76分)

【ラインナップ】
ハンブルガーSV(5ー4ー1)
アードラー;ディークマイヤー(69分 ハント)、クレベル(31分 エクダル)、スパヒッチ、ジュルー、ドグラス・サントス;ミュラー、酒井、ユング、グレゴリッチ;ラソッガ(52分 ワルトシュミット)

ドルトムント(3ー4ー3)
ビュルキ;ギンター、ソクラティス(81分 パスラック)、バルトラ;ピシュチェク、ローデ、カストロ、ゲレイロ;モル(68分 シュアレ)、オバメヤン、プリシッチ(68分 デンベレ)