ドイツサッカーリーグ(DFL)が企画している“ブンデスリーガ・レジェンズ・ツアー”。今年は元ドイツ代表GKのイェンス・レーマンが中国とシンガポールを訪問した。レーマンは最初の訪問地、北京でインタビューに応じ、ブンデスリーガのファンと交流。その後はシンガポールへ向かった。ブンデスリーガ公式サイトでは、このツアーのベストショットを紹介する。

10時間のフライト後、無事に中国到着!

「中華人民共和国・北京」レーマンも自身のツイッターで人々との記念写真を紹介している

レーマンの忙しい1日。タグホイアーでのインタビューに続き、北京国安ではファンフェストとスタジアムツアーへも参加した

レジェンズ・ツアーの道中で、かつてアイントラハト・フランクフルトでプレーした元中国代表FWヤン・チェン氏(ブンデスリーガ通算94試合21得点)と再会

シンガポールへ

レーマンが、次の訪問地シンガポールへやって来た!

シンガポールではフットバレーでの交流も

引っ張りだこのレーマン。こちらはシンガポールのタグホイアーにて

FOXスポーツ・アジアにてインタビューが生放送された