Summary

・闘病生活を続けるフランクフルトのルスが最後の検査へ

・ルスは今年4月のドーピング検査で腫瘍が見つかり、戦列を離れている

・本人は今季ウインターブレイク中の復帰に意欲

今年4月に腫瘍が見つかり、闘病生活を続けているアイントラハト・フランクフルトのマーコ・ルスが、10月19日に最後の検査を受ける。31歳のキャプテンが目指すのは、ウインターブレイクにアブダビで行われる冬季キャンプへの参加だ。

バイエルン・ミュンヘンをホームに迎えたブンデスリーガ第7節では心に残るシーンが見られた。ベンチ裏でチームメートとの再会を果たしたルスに対し、バイエルンのラフィーニャやマッツ・フメルスまでもが言葉をかけ、ハグを交わしていたのだ。

ルスは4月末のダルムシュタット戦後に受けたドーピング検査で成長ホルモンHCGが異常に高い数値を示していることが発覚。詳しく調べたところ、それが腫瘍に起因するものであることが分かった。フランクフルトはブンデスリーガ残留を懸けたニュルンベルクとのプレーオフ当日にルスが深刻な腫瘍性疾患を患い、すぐに治療が必要であることを公表。ところがルスは試合出場を直訴し、プレーオフ第1戦に先発出場した。結果はオウンゴールで相手に先制点を献上、さらには警告を受けて第2戦は出場停止と散々だったが、4日後の残留決定を見届けて手術に踏み切り、化学療法による治療が始まった。

フランクフルトのユースで育ったルスは2006年3月にブンデスリーガデビュー。ウォルフスブルクに在籍した一時期を除き、キャリアのほとんどをフランクフルトで過ごしてきた。昨季からキャプテンも務めていた同選手に対し、フランクフルトは今年9月に2019年までの契約延長をオファー。ルスはクラブからの信頼とサポートに感謝の意を伝えていた。

一つだけ確かなのは、ブンデスリーガの関係者すべてが常にルスとともにあるということ。それはルスに抱きついていた先日のラフィーニャの姿を見れば分かるだろう。最後の検査を前に本人は楽観的だ。「もう一度、体の隅々まで見てもらうことになっている。医師からOKが出ればコンディショニングコーチとともに練習をスタートさせるよ。ウインターブレイク中のチーム合流を目指したい。状態を上げて、後半戦は監督とチームにとってオプションの一つになれるようにね」