Summary

  • CLグループステージ第3戦、PSV戦後のロッベンのコメント
  • ロッベンはこの試合で1ゴール2アシストの大活躍
  • バイエルンは公式戦で4試合ぶりの白星

10月19日に行われた欧州チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第3戦で、バイエルン・ミュンヘンはホームでPSV(オランダ)に4ー1で快勝した。この試合で1ゴール2アシストの活躍を見せたアリエン・ロッベンは2002年から2004年までPSVに所属。86分に交代が告げられると古巣サポーターからも大歓声が沸き起こった。そのロッベンが自身のゴール、チーム状態について語った。

――改めてPSV戦を振り返ってもらえますか?

ロッベン ハーフタイム前後に相手にチャンスを与えてしまう時間帯があったけど、試合全体を通してみればいい内容だった。3試合勝てていない状況だったからうまく試合に入る必要があったが、それができた。前半にあと1、2点決められたかな。チャンスも多く作ったし、勝者に値する内容だったと思う。

――試合前はチームの姿勢が大事ということでしたが、どのように試合に入りましたか?

ロッベン 最初から全力でいこうと。特にホームゲームは相手を圧倒しなければいけないし、とにかく全力を尽くしたよ。それも、がむしゃらにではなく冷静にね。ただ、ハーフタイムに入る前の時間帯はカウンターで押し込まれる場面が続いた。そういうところは修正していかないと。もちろん、ポジティブな面もたくさんあったからそこは続けていきたい。

――ポジティブだったことの一つにあなたのヘディングゴールがあります。なかなか珍しいシーンだったと思いますが?

ロッベン あれは素晴らしいパスと、いいコース取りがゴールの要因だったね。しかも頭で決められたのだから言うことない。めったにないことだからね。何歳になっても成長できるということ。夢のようなパスを出してくれたティアゴに感謝したい。

――相手GKと激突するかもしれないという不安もあったのでは?

ロッベン そういう危険性はつきものさ。GKがゴールマウスを飛び出してきたら気をつけないといけない。だから頭で素早く押し込んで、すぐに引っ込めたよ。

――トーマス・ミュラーがサイドをメインにプレーしていましたが、その戦術については?

ロッベン トーマスは何でもこなせる選手だ。それは僕の素早いCKの場面でも分かったはず。彼とは一緒にプレーして8シーズン目になるけど、とてもやりやすいし、すごくいい関係だ。互いによく理解しているから、この先もずっと一緒にプレーを楽しんでいけたらいいね。

――交代でベンチに下がる時、バイエルンのサポーターだけでなくPSVのサポーターからも大歓声が上がりました。あなたにとってはどのような意味がありますか?

ロッベン もちろん大きな意味があったよ! PSVのサポーターからも評価されているということだからうれしいよね。

――思いどおりの試合ができましたか?

ロッベン さっきも言ったけど、ハーフタイム前後について触れないわけにはいかない。ただ、全体的にはいい時間帯が多かったと思うし、思いどおりにうまく攻めることができた。

――PSV戦のような戦いを続けていきたいですね。

ロッベン 僕らはプロなのだから、もちろん続けていかないと。高いレベルの試合をすることほど楽しいことはないからね。週末の相手が同じようにCLを戦っているチーム(ボルシアMG)というのは(疲労の差がないという点で)プラスだし、今回のようなパフォーマンスを続けたい。あとは戦列を離れている選手が何人か戻ってきてくれたらいいね。そうすれば戦力も厚くなるから。