Summary

  • ドルトムントとバイエルンの“デア・クラシカー”が11月19日に開催
  • 首位バイエルンと5位ドルトムントの勝ち点差は6
  • 昨季のリーグ戦対戦成績はバイエルンの1勝1分け

首位バイエルン・ミュンヘンが第10節のホッフェンハイム戦に1ー1で引き分け、2位ライプツィヒに勝ち点で並ばれた。ホームで王者らしからぬドローとなったが、取りこぼした勝ち点を嘆いている間もなく、インターナショナルウィーク明けの11月19日にはドルトムントとの大一番、“デア・クラシカー”が控えている。

ここ数シーズン、リーグの覇権を争ってきたドルトムントとの伝統の一戦は、最大のライバルを大きく突き放すチャンスでもある。しかし、ハンブルガーSVを5-2で撃破して勢いを取り戻したドルトムントに負けるようなことがあれば、一気に3ポイント差まで詰め寄られることになる。シーズン前半戦最大の山場を控え、ミュンヘンではホッフェンハイム戦の分析もそこそこにドルトムント戦に向けた準備が始まっている。

ホッフェンハイム戦のドローが奮起を促す

ロベルト・レバンドフスキは「次はドルトムントとの一戦が控えている。そこで勝ち点を取ることが大事だ」と、代表戦の先にある古巣との対決を見据えている。今季のバイエルンは引き分けが3度と勝ち点の取りこぼしが目立つだけに、ここで試合を落とすことだけは絶対に避けなければならない。

ホッフェンハイム戦での引き分けは、バイエルンの5連覇が決して既定路線ではないことを示した。だが、レバンドフスキは思わぬ足踏みだったことを認めつつも、それがチームの奮起を促す材料になると見ている。「いつも同じようにシーズンが進むわけではない。毎年のように10ポイント差をつけて独走することはできないんだ。今季は3位以内の争いが熾烈だ。勝って万事オーライと思ってしまうよりは引き分けのほうが良かったのかもしれない」

リベリがドルトムント戦で復帰か

「サイド攻撃が遅すぎることがある」。レバンドフスキは自軍が攻撃スピードを欠いていることを指摘する。だが、フランク・リベリが戻ればサイドアタックは有効な攻め手となるはずだ。シーズン序盤に素晴らしいパフォーマンスを披露しながら、太ももを痛めて離脱を強いられていたリベリが先週からチーム練習に復帰。カルロ・アンチェロッティ監督も復帰が近いことを明かしている。

膝と内転筋を痛めてドイツ代表への招集を辞退したジェローム・ボアテングも、ドルトムント戦は出場の見込み。「攻守の切り替えとアグレッシブさが足りない。連動した動きができておらず、ミスが多すぎる」と自軍の課題を指摘しながらも、「ドルトムント戦では僕らに力があること、敵地でも彼らを倒せるということを示したい」と、大一番に向けて意気込んでいる。

ルンメニンゲ社長がミュラーを激励

ホッフェンハイム戦では、終盤に勝ち越しのチャンスがありながらそれを生かせなかった。特にトーマス・ミュラーは今季のリーグ戦でいまだノーゴール。ツキに見放されている状態だ。だが、そんなミュラーをカールハインツ・ルンメニゲ社長が励ましている。「私自身、欧州最優秀選手に選ばれながら10試合ゴールがなかったことがある。そのことを彼に伝えた。とにかく働いて、働いて、働くのみだ。そうすればどこかでゴールは決まる。それが間もなくであると予言しておくよ」

レバンドフスキにとって古巣ドルトムントは相性のいい相手。スコアレスドローに終わった昨季の後半戦を除けば、ドルトムントとのリーグ戦では常にゴールを奪っている。「代表戦の後、チームがギアを上げて勝利をつかめることを願っているよ」。バイエルンのエースはエンジン全開で“デア・クラシカー”に臨むことを誓った。