9月13日、欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第1戦が開催され、バイエルン・ミュンヘンは本拠地でロストフ(ロシア)と対戦し、5-0大勝というこれ以上ないスタートを切った。

バイエルン 5-0 ロストフ

序盤からホームのバイエルンがボールを保持し、試合はほぼロストフ陣内で展開される。

しかし5-3-2という超守備的布陣を敷き、ピンチの際には8人ものフィールドプレーヤーがペナルティーエリア内にポジションを取るロシアの強豪相手に、バイエルンはなかなか活路を見いだせない。

試合が動いたのは26分、右CKをキミッヒが蹴り、ボールがゴール前に入ったところでレバンドフスキがガツカンに倒されると、主審はバイエルンにPKを与える。これを28分、レバンドフスキが自らネットに蹴り込み、先制点を奪った。

39分には、同じく右CKから中央のレバンドフスキが頭でファーサイドに流すと、フメルスがヘディングシュート。しかしこれはGKのファインセーブにより、得点とはならなかった。

前半ロスタイムが90秒経過したところで、アラバが左からセンタリングを放り込むと、そこにミュラーが後方から全速力で飛び込む。左足をうまく合わせ、バイエルンが追加点を奪い、前半は終了となった。

後半に入り53分、この試合初めてロストフがCKを獲得。しかしそれをクリアしたバイエルンがカウンターで前線へ運び、最後は左からコスタが入れた低い弾道のクロスに、キミッヒがスライディングで合わせ3-0に。

57分にも同様に、左からコスタが早いタイミングでDFとGKの間にグラウンダーのボールを入れ、レバンドフスキが飛び込んだが、シュートは枠の上へ外れている。

するとその3分後、またしても左からベルナートがセンタリング。これをキミッヒがヘディングでネットに沈め、4-0と試合を決定づけた。

そして終了間際の90分、ベルナートがドリブルで前線へ持ち運び、DFを引きつけてから左へ展開する。リベリの折り返しに、そのベルナートがダイレクトで合わせ、ついにスコアは5-0。今季CL優勝に向け、バイエルンが最高のスタートを切った。