ブンデスリーガ2016/17シーズンの開幕戦が8月26日に行われ、現在リーグ4連覇中のバイエルン・ミュンヘンが本拠地でブレーメンと対戦し、6-0で勝利した。

バイエルン 6-0 ブレーメン

最初に観衆が沸いたのは6分、フメルスがブレーメン最終ラインの裏へ、アウトサイドキックでパスを通す。これをレバンドフスキが中央から左へ流れて胸トラップするも、ボールコントロールをミスし、DFにクリアされてしまった。

するとその2分後、右サイドからラームがセンタリングを入れると、カルディローラが頭でクリア。しかしそのはね返りを拾ったアロンソが、ゴール正面から綺麗なミドルシュートを決め、バイエルンが先制点を奪う。

さらにその4分後には、自陣からリベリがスルーパスを送り、レバンドフスキが左サイドを突破。そのままペナルティーエリアに進入し、GKとの1対1を冷静に沈めた。

39分にはレバンドフスキ、リベリ、ミュラー、再びレバンドフスキとお手本のようなダイレクトパスでつなぎ、レバンドフスキがシュートを放ったが、GKの足に弾かれたボールはバーを叩いている。

バイエルンが2点をリードして迎えた後半、いきなり試合が動く。高い位置でアロンソがボールを奪い、右サイドを走るミュラーにボールが出ると、そこからゴール前にセンタリング。レバンドフスキが右足を伸ばしてゴールを決め、バイエルンが後半開始42秒で3-0とした。

ここからしばらくは、やや落ち着いた展開となっていたが、66分にビダルのパスを受けたラームが、ミュラーとのワンツーでペナルティーエリア右に進入。そして自らシュートを放ち、ボールは左のポストに当たってネットに吸い込まれ、4-0となる。

さらに73分、ラームがペナルティーエリア右でフリーのミュラーに縦パスを入れ、ミュラーはグラウンダーセンタリング。これを中央のリベリが難なく決めて5-0。

その4分後には、ラフィーニャが倒されて獲得したPKを、レバンドフスキがゴール左下にきっちりと決め、ついに試合は6-0となった。

レバンドフスキはこれで開幕戦3得点を記録し、ミュラーも3アシストをマーク。バイエルンが圧倒的な強さを見せつけ、2016/17シーズン初戦を白星で飾った。