Summary

・ドルトムントの守護神ビュルキがバイエルン戦で手を負傷

・手術を受け、完治まで約8週間

・年内残りの試合はベテランのバイデンフェラーがゴールを守る

香川真司が所属するドルトムントは11月20日、GKローマン・ビュルキが前日に行われたバイエルン・ミュンヘンとの試合中に手を骨折したため、手術を受けることを発表した。復帰まで約8週間を要する見込みで、年内の残りの試合はベテランのローマン・バイデンフェラーがゴールマウスを守る。