Summary

  • ドルトムントのエース、オバメヤンの独占インタビュー
  • オバメヤンにとってのダービーとは?
  • オバメヤンはルールダービー6試合で4得点を挙げている

ドルトムントのピエールエメリック・オバメヤンはここまで7試合で7ゴールと今季も点取り屋としての能力をいかんなく発揮している。矢のような速さを武器に進化を続ける27歳に、目前に迫ったシャルケとのダービーマッチや得点王争い、ピッチ外での趣味について語ってもらった。

――第8節のインゴルシュタット戦では、初めてキャプテンマークを巻いて試合に臨みました。どのような気持ちでしたか?

オバメヤン 変な感じだったけど、とても気持ちいいものだね。

――あなたはまだ27歳ですが、ドルトムントの中では経験豊富な選手と言えます。若く、生きのいい選手たちが多いチームにあって、年長者という役割をどう捉えていますか?

オバメヤン とりあえず年齢相応でありたいとは思っているよ。ちょっと前までヤングスターだった僕が、いつの間にか年長組に入っていたのは不思議な感じだけどね。ただ、それは嫌なことじゃない。若く、才能あふれる選手たちと一緒にピッチに立つのはとても楽しいからね。

――ブンデスリーガではこれまでのシャルケ戦6試合で4得点を挙げています。ルールダービーでのゴールはどのような意味を持つと思いますか?

オバメヤン もちろん大きな意味があるよ! このダービーがクラブとサポーターにとってどれほど重要なものかは、誰もが理解している。今度の一戦が大一番になることも分かっている。いい試合ができると確信しているよ。選手たちは試合を楽しみにしているし、準備もできている。

――ルールダービー前の雰囲気はどうですか?

オバメヤン 特別な空気だね。この街にいる人々の目を見るだけで、絶対にダービーに勝ってやるという負けん気が沸いてくる。ファンからはこう声をかけられるんだ。「いよいよだな! ダービーには勝ってくれよ。勝利を待っているぞ!」ってね。誰もが試合を心待ちにして、楽しんでいるんだ。ダービー前の雰囲気は独特だよ。

――チームの顔ぶれが一新されたことで、あなたのプレースタイルも変わりましたか?

オバメヤン 昨季とは違うよね。力のある選手がチームを離れたわけ出し、ずっと一緒にやってきた彼らがいた時はゴールを決めるのも簡単だった。でも、その代わりにいい選手がたくさん入ってきた。ゴールを決めるのが簡単になったのか、それとも難しくなったのか、シーズンが始まったばかりの今の段階ではまだ言うことはできない。言えるのは、今のチームには大きな才能を秘めた選手がいるということだ。チームはまだトップフォームに届いていない。だから選手みんながハードな練習をこなしていかなければいけない。残念ながら今は負傷者も多く、総力戦になっている。故障者が戻ってくれば、僕も楽になるんじゃないかな。

――今季も目標は欧州チャンピオンズリーグ(CL)の出場権でしょうか?

オバメヤン もちろん! 来季もCLの舞台に立たなければいけない。今季は平凡なスタートだったけどCL出場は義務だからね。僕らは力のあるチームだから目標を達成できると確信している。さっきも言ったように今はケガ人が多いけど、それは言い訳にならない。僕らはボルシア・ドルトムントなのだから。

――マーコ・ロイスの復帰時期についてはどうですか?

オバメヤン 彼が練習を再開したのはいい兆しだね。僕らにはマーコが必要なんだ。さっき、彼に“これまでどおり自分を信じ続けるんだ”とメールを送ったばかりさ。チームにとって彼の復帰がどれほど大事か、彼に直接伝えたこともある。僕だけでなくチーム、クラブのみんなが彼の味方だ。早くピッチに戻ってきてくれるといいね。

――昨季の得点王争いはロベルト・レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)との一騎打ちとなりましたが、今季はあなたもよく知っているアントニー・モデステ(ケルン)が参戦中です。モデステのパフォーマンスをどう見ていますか?

オバメヤン 彼には“ちょっとは手を緩めてくれ!”とメッセージを送ったよ。努力を惜しむことのない好青年だから、僕自身もうれしいね。彼はフランスでは批判されることが多かったから、好調なところを見るとうれしい。逆に言えば、それは僕にとってもプラスになる。追われる者として、努力をしていかなければいけないからね。レバンドフスキだけじゃなくモデストもいるというのは、僕にとっていい刺激だよ。

――あなたのような俊足プレーヤーにはやはり速い車が必要ですか?

オバメヤン スピードは僕の一部だ。理由は分からないけど、そうなんだよ。持って生まれたものだろうね。僕は車が大好きだからこれは純粋な楽しみだね。

――スポーツカーのどんなところに惹かれるのですか?

オバメヤン 僕にとっては音量もすごく大事だね。僕がカーブに差し掛かると、誰もが僕が来たと分かるんだ。エンジンがかかって音が鳴り響く瞬間が好きなんだ。スピードだけでなく、あのやかましい音にもこだわりがあるんだよ。