Summary

  • 第11節レーバークーゼン対ライプツィヒのマッチデータ
  • ライピツィヒの開幕11戦無敗は昇格組としてのリーグ新記録
  • ライピツィヒは王者バイエルンを交わして単独首位に浮上

ブンデスリーガ初参戦のライプツィヒが逆転で競り合いを制し、今季初の6連勝を記録。ついにクラブ史上初の首位に浮上した。一方、2度のリードを守り切れなかったレーバークーゼンは早くも今季5敗目を喫して9位に後退した。

レーバークーゼン 2-3 ライプツィヒ

・ライプツィヒは開幕から11戦無敗。昇格チームのブンデスリーガ新記録を樹立した

・レーバークーゼンは勝ち点16で足踏み。昨季と一昨季は同じ時点で勝ち点17を挙げており、ロジャー・シュミット監督体制下で最も悪い成績に

・レーバークーゼンは早くも今季5敗目。第11節終了時点で5敗以上するのは、8敗を喫した1982/83シーズン以来、実に34年ぶりのこと

・ライプツィヒはリーグ戦6連勝。6連勝はブンデスリーガ全体でも今季初めて

・ケビン・カンプルが決めた61秒での先制点は今季のブンデスリーガ最速ゴール。レーバークーゼンは続く4分にオウンゴールを献上したが、2点目までの所要時間もシーズン最短だった

・ライプツィヒがオウンゴールの恩恵を受けるのは初めて

・ユリアン・バウムガートリンガーは、マインツ時代の2015年5月のハンブルガーSV戦以来、リーグ戦でキャリア2度目となるオウンゴール献上

・ライプッィヒのGKペーター・グラシは、リーグ戦で初めて挑んだPKを見事にストップ。ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)ではドレスデン相手にPKを決められていた

・ハカン・ジャルハノーウルはレーバークーゼン加入後、4度目のPKキッカーを務めたが、3度目の失敗に終わった

・2-2となる同点弾を決めたエミル・フォースベルクは早くも今季5得点目。昨季前半戦(ブンデスリーガ2部)の自身の記録に並んだ

・レーバークーゼンがホームで前半終了時のリードを守れなかったのは2006年11月以来のこと。10年前はバイエルン・ミュンヘン相手に2-1で試合を折り返しながら2-3の逆転負けを喫した