Summary

  • 第11節ホッフェンハイム対ハンブルガーSVのマッチデータ
  • ハンブルガーSVが追いつき、4試合ぶりの勝ち点獲得
  • ホッフェンハイムはクラブ記録となる開幕11戦無敗

酒井高徳が新キャプテンに就任したハンブルガーSVが、今季無敗のホッフェンハイム相手に敵地でしぶとく勝ち点1をもぎ取った。ただし、今季のリーグ戦初勝利はまたしてもお預け。いまだ最下位と苦しい状況が続く。

ホッフェンハイム 2-2 ハンブルガーSV

・ハンブルクは今季初めてビハインドから勝ち点を取ることに成功

・ホッフェンハイムは開幕からの無敗を11試合まで伸ばし、ブンデスリーガにおけるクラブ記録を更新

・ホッフェンハイムは今季リーグ最多となる6度目の引き分け

・ハンブルクはまたしても初勝利ならず。第11節終了時点で勝ちがないのはクラブ史上初、同時点で勝ち点3もクラブワースト記録

・古巣対戦となったハンブルクのマークス・ギスドル監督は、ホッフェンハイム時代も含めて9試合勝利から遠ざかっている(3分け6敗)

・先制点のフィリップ・コスティッチはハンブルク移籍後公式戦初ゴール

・コスティッチはハンブルクでのベストパフォーマンスを披露。ルイス・ホルトビーとともにチーム最多の7本のシュートに絡み、競り合いの勝率でも55%を記録した

・ホルトビーはチームの両得点をアシストし、今季初のスコアポイントをマーク

・ホッフェンハイムはCKから1-1の同点に追いついたが、CKからの得点は今季3点目。早くも昨季のCKからの総ゴール数に並んだ

・ハンブルクのCKからの失点は今季初