ドイツ代表は8月31日に行われたフィンランドと国際親善試合で2-0と快勝した。12年間、ドイツ代表を牽引したシュバインシュタイガーの代表引退試合を兼ねたこの試合後のコメントを紹介する。

【ドイツ代表】

バスティアン・シュバインシュタイガー ドイツ代表のユニホームを着て戦うことは、自分にとって非常に大きな誇りだった。きょうはどの場面も逃さずに味わいたいと思っていたが、こんなに素晴らしい引退試合になるとは想像していなかった。心から感謝したい。

トーマス・ミュラー ピッチで共に戦うことがもうないと思うと、少し寂しい。バイエルンへ、またドイツ代表へ入ったときからずっといる人間だから、自分にとってもその不在は大きい。

ヨアヒム・レーフ監督 素晴らしい代表引退試合になったのは、バスティアンの長年の功績によるものだ。彼なしでは、これまでのドイツ代表の成功もなかったし、彼がピッチに立っているだけで、私も安心して試合を見ることができた。ピッチ外でも、素晴らしい人間性を示してくれた。

ニクラス・ズューレ 素晴らしい気分です。彼はドイツ代表のレジェンドで、この素晴らしい代表引退試合にふさわしい功績を残してきた。バスティアン・シュバインシュタイガーの引退試合でデビューできるなんて、これ以上のことはないです。一緒にプレーができ、夢がかなった。