ブンデスリーガ2部へ降格したシュトゥットガルトからウォルフスブルクに移籍を果たしたダニエル・ディダビ。同選手は2016/17シーズン開幕節、宇佐美貴史が所属するアウクスブルク戦の35分に先制点を決めるなど、早速その実力を発揮している。

本稿では、そんなディダビと当サイト独語版が行った独占インタビューの様子を下記に紹介していく。

――ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)1回戦では2アシストを記録し、開幕戦では1得点をマークしましたね。

ディダビ 僕とチームにとって、これより良いスタートはなかなかないだろうね。プレシーズンでは、僕たちのことについてネガティブな報道もされていたが、この(DFB杯と開幕戦の)2試合の結果が、その報道に対する僕たちの答えだ。

――「ネガティブな報道」について、具体的にどんな感想を持っていたのでしょうか?

ディダビ 外部の人たちは、それが推測でありながら、僕たちに喧騒というものを植え付けようとしていた。しかし、それらにはまったく根拠がなかった。この2回の勝利で、パーフェクトな答えを見せることができたんじゃないかな。

――そもそも、ウォルフスブルクへの移籍を決断した理由は、どこにあったのでしょう?

ディダビ 僕は長い間シュトゥットガルトに在籍していたし、居心地も非常に良かった。ちょうどことしの夏に僕とシュトゥットガルトの契約は切れてしまったんだが、僕には「契約を延長し、キャリアのほとんどをシュトゥットガルトで過ごす」か、もしくは「次のステップに進む」という2つの道があった。しかし、僕はかなり早い段階で「より高い目標を掲げるチームに移籍したい」ということを決定していた。ドイツに残りたいと思っていたので、そんなに多くのクラブとは接触しなかったけれど、(ウォルフスブルクの)ディーター・ヘッキング監督や(同クラブのスポーツ担当取締役である)クラウス・アロフス氏とは、良い話し合いができた。もともと欧州カップ戦に出てみたいと思っていて、その決断をした時にはまだウォルフスブルクは今シーズンの欧州リーグ(EL)に参加する可能性があったんだ。残念ながらそれは叶わなかったけど、この移籍は良い決断だったと思っている。昨季は不運だったけれど、今季はまたヨーロッパの舞台に立つことができる順位へ返り咲けるはずだ。

――ヘッキング監督とはニュルンベルクでともに戦う間柄でした。

ディダビ もちろん、それはこの移籍に大きな影響をおよぼしている。ニュルンベルクでは非常に良い関係を築けていたし、彼の下で僕はブンデスリーガの選手として確実に成長できたからね。僕は、ヘッキング監督がどのようなサッカーを目指しているか熟知しているほどだ。しかし彼の存在が、この移籍の最も大きな理由ではないけれどね。

――昨季のあなたは、シュトゥットガルトの降格劇を体験した一方で、個人では31試合出場13得点という数字を残しました。そこまでパフォーマンスが高かったのはなぜですか?

ディダビ それを説明するのは簡単だ。昨シーズンは、僕がけがなく1年間を戦えた初めてのシーズンだったからだ。この2年半はいつも負傷を抱えていて、満足のいく状態で試合をこなすことができなかったんだ。昨季は3試合欠場したけど、そのうち2試合は累積警告によるものだ。ただ、個人的にはもっともっと自分の力を出すことができると考えている。しかし、もちろんシュトゥットガルトの降格は本当に残念でならなかった。

――さて、今夏はマリオ・ゴメスというストライカーもウォルフスブルクに加入しています。第一印象はどのようなものでしたか?

ディダビ ピッチ内外で、とても素晴らしい人物だという印象だ。誰もが知っているように、グラウンドの上では本当に多くのゴールを決める類まれな選手であり、人間的にも本当に素晴らしい。またブンデスリーガでその能力を我々に示してくれるだろう。

――ウォルフスブルクであなたはどんな目標を達成したいですか? やはり欧州カップ戦出場は“義務”でしょうか?

ディダビ もちろん僕たちはインターナショナルな舞台に戻ることを目指している。所属選手の力を考えれば、そこに到達しなければならない。ブンデスリーガでは、バイエルン・ミュンヘンという例外を除けば、多くのクラブの力が拮抗している。(バイエルン以外の)どのクラブも「勝ち点3を計算できる試合」は1つもなく、常に高い集中力が求められる。今、チームの中で、欧州チャンピオンズリーグ(CL)という言葉を声高らかに宣言する者はいない。だが、良いシーズンを過ごすことができれば、CL出場も達成できなくはない。

――土曜にはケルンとの“頂上決戦”があります。

ディダビ 個人的には、アウクスブルク戦に続き、点を取れたら最高だ。だが、ケルンも良い滑り出しを見せたチームだし、昨シーズンよりも優れたサッカーをしていたのは明らかだ。つまり難しい試合になることは確実で、僕たちも集中して試合に臨まなければならない。だが、この試合は僕たちのホームゲーム。開幕戦よりもさらに自分たちの力を出し切ることができれば、きっと3ポイントを獲得できるだろう。

――昨季残した数字に続き、今季も活躍を続ければ、いよいよドイツ代表への道も開けてくるのではないでしょうか?

ディダビ いや、ぼくはもう26歳だし、ドイツ代表についてはまったく考えていない。ドイツ代表にはいつも新しく若い戦力が次々と招集されている。僕はこれまで多くのけがを抱えていたし、まずはパフォーマンスをずっと維持できるようにならなければね。