Summary

  • シャルケの守備の要、ナルドの独占インタビュー
  • ナルドは今回がルールダービー初出場
  • チームは好調、勝ち点3に大きな自信

10月29日に行われるドルトムントシャルケの一戦で、ルールダービー・デビューを飾るシャルケのナルド。シーズンに2度の特別な試合を前に、ダービーへの思いやチームの現状について語ってもらった。

――あなたはブンデスリーガ通算300試合以上に出場し、ジグナル・イドゥナ・パークでも多くの試合に出場していますが、ルールダービーは初めての経験ですね。

ナルド この試合が楽しみで仕方ないよ! ドルトムント対シャルケ、シャルケ対ドルトムント。このカードはいつだって地域全体を熱狂させる。サポーターにとってもシーズンの中で断トツの大一番だろうね。

――ジグナル・イドゥナ・パークの特別な雰囲気は、初めてそれを味わう選手をひるませてしまうものですか?

ナルド そんなことはないと思うよ。どちらかというと逆だね。あの雰囲気は選手にポジティブな感覚を抱かせてくれる。それに、ウチのチームの選手は誰もがこの試合に燃えているし、僕らにはサポーターからの大きな後押しもある。ドルトムントのサポーターもうるさいけど、それはシャルカーも同じだよ(笑)。

――直近の3試合だけを見れば、シャルケが勝ち点7を取っているのに対し、ドルトムントはわずか勝ち点2。シャルケが優勢のように見えます。

ナルド ウチは本命ではないよ。ルールダービーが持つ意味を考えれば、どちらが優勢だなんて言えない。この試合はそれまでの成績なんて関係ないからね。たとえ、前の試合まで不調が続いていても、ダービーではどんなことだって起こり得る。誰もが限界に挑み、力の限りを尽くすからね。ダービーでの勝利はチームに特別な勢いと自信を与えてくれるということを誰もが分かっているんだ。だから僕らが優勢ということはない。もちろん、勝ち点3を持って帰りたいという気持ちは変わらないけど。

――直近の3試合で失点わずかに1。開幕当初は苦しみましたが、「もうスランプは抜け出した」と確信できた瞬間はありましたか?

ナルド 特にそういう瞬間はなかった。それよりも練習の中でチームがよりうまく機能し始めたことを感じていたよ。ミスも減ったしね。

――スタートでつまずいた原因はどこにあったと見ていますか?

ナルド プレシーズンでとてもいい合宿ができて、それぞれの選手が手応えをつかんでいた。けれど、マネージャーの交代、新監督の就任、そして7選手の加入というチームの大改革をすぐには消化できなかった。それは認めざるを得ないだろうね。フランクフルトとの開幕戦で全くうまくいかず、そこから5連敗を喫することになるんだけど、あの開幕戦は最悪だったと思う。バイエルン戦は良かったけど、結果が伴わなかった。そして、好調ヘルタとの試合が続いた。

――バイエルン相手に善戦して勇気を持ちかけたところで、失望するような結果になりました。

ナルド そのとおり。特に後半はチームとして機能していなかった。バイエルン戦後の欧州リーグ(EL)でニースに勝って、誰もが「ここで仕切り直しだ」と思っていただけに、ヘルタ戦は本当にがっくりきた。僕らを取り囲む状況も次第に落ち着かなくなっていったし、選手たちも自信を失っていった。だからこそ、互いにいがみ合うのではなく、チーム一丸となることが大事だったんだ。

――あなたのようなトッププレーヤーでも、ピッチ上で時折不安定なプレーを見せることがありました。

ナルド だからこそ自分を信じて、前向きに考えることが大事だったんだ。

――そうした状況を負担に感じることはないですか?

ナルド サッカーに限ったことではないけど、この世界で成功したければ、自分とその能力を信じることが何よりも重要なんだ。僕の場合はチームが5連敗していて、自分自身が不調でもあせりはなかった。これは自分に甘いということじゃない。試合の後はいつも、もっとうまくやれたんじゃないかと自分に問いかけているよ。とはいっても、慌てたりすることはない。僕は経験を積んできた選手として、若い選手を助けたり、新しく入ってきた選手がチームに馴染めるようにサポートする義務があるからね。

――そういう場合、チームメートがあなたに頼るのですか? それともあなたのほうからチームメートに歩み寄るのですか?

ナルド 特に若い選手とは常に話すよう心掛けている。今みたいにチームの調子が上がってきて、結果が出ている時もそうだよ。負けた時だけでなく、勝った時も冷静さと先を見通す目は持っておかなければいけない。5連敗したからといって全てを失ったわけではないし、逆に3試合で勝ち点7を取ったからといって何かを成し遂げたわけじゃない。僕らの進む道はまだまだ先が長いのだから、これからもハードワークをこなしていかなければならない。