Summary

・ブンデスリーガ第12節最終日、シャルケ対ダルムシュタット

・ダルムシュタットが先制点を奪うも、前半のうちにシャルケが追いついた

・後半に入りチュポモティングが勝ち越し弾。内田はベンチ外

11月27日、ブンデスリーガ第12節最終日が行われ、内田篤人が所属するシャルケは本拠地でダルムシュタットと対戦し、3ー1で勝利した。内田はベンチ外となっている。

シャルケ 3ー1 ダルムシュタット

ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)や欧州リーグ(EL)も含めた公式戦直近8試合で7勝0敗1分と絶好調のシャルケだが、先制点を奪ったのはダルムシュタットだった。6分、シャルケの左CKをクリアすると、右サイドのシリグがスピードに乗って縦へ突破。シャルケ陣地に入ったところでカットインし、左サイドを駆け上がってきたヘラーにスルーパスを通すと、ペナルティーエリア内でGKフェアマンもかわして無人のゴールに蹴り込んだ。

しかしシャルケも26分、自陣ペナルティーエリア付近でボールを奪うと、コラジナッチがベンタレブへ、そしてベンタレブが左に開くチュポモティングへ預ける。そして左サイド深くまで進んだところでセンタリングを入れ、オーバーラップしてきたコラジナッチがヘディングでゴール。ダルムシュタットに負けない素早い攻守の切り替えから、シャルケが同点に追いついた。

そのわずか1分後、右CKにゴレツカが頭で合わせると、これがクロスバーを直撃。跳ね返った浮き球をスルと競ったところでゴレツカが倒され、シャルケにPKが与えられる。この絶好のチャンスでチュポモティングがボールを蹴ったが、GKエッサーが完璧にセーブ。追加点をあげることはできなかった。

1ー1のまま後半に突入するが、前半と同じく試合の主導権はシャルケ。中盤から前線にかけて選手が頻繁にポジションチェンジを繰り返し、細かいパスワークでダルムシュタットを翻弄する。

すると60分、ダルムシュタットのロングボールを跳ね返すと、コノプリャンカが空中戦で競り勝ち、左サイドのマイヤーがボールを拾う。そのまま自ら前へ運びセンタリングを入れ、ゴール前のチュポモティングが右足で合わせてゴール。ようやくシャルケが逆転に成功した。

76分にはコラジナッチが鋭いインターセプトでボールを奪うと、ドリブルで突き進みダルムシュタットゴール手前まで運んでから、中央のチュポモティングへパス。チュポモティングは寄せてきたDFを外してシュートを放ったが、これは右ポストの外側へ流れてしまった。

そして終了間際の90分には、コノプリャンカが送った裏へのロビングパスにシェプフが反応してダメ押しゴールを決め、シャルケが3ー1で逆転勝利。開幕5連敗という最悪のスタートを切った今季のシャルケだったが、その後は5勝2分で無敗を守っている。

【得点】

シャルケ:コラジナッチ(26分)、チュポモティング(60分)、シェプフ(90分)
ダルムシュタット:ヘラー(6分)

【ラインナップ】

シャルケ(3ー1ー4ー2)
フェアマン;ヘーベデス、ナルド、ナスタシッチ;ガイス;シェプフ、ゴレツカ(46分 コノプリャンカ)、ベンタレブ(69分 スタンブリ)、コラジナッチ;マイヤー(88分 アオゴ)、チュポモティング

ダルムシュタット(4ー2ー3ー1)
エッサー;フェデツキー、ミロシェビッチ、スル、グワラ;ユングビルト(85分 シュトローエンゲル)、ブランチッチ;シリグ(74分 オリニク)、ベンハティラ(54分 オビンナ)、ヘラー;コーラク