9月16日、ブンデスリーガ第3節初日が開催され、大迫勇也のケルンは本拠地でフライブルクと対戦し、3-0で勝利した。先発出場の大迫は31分にチームの2点目をアシストし、65分に交代でベンチへ下がっている。

ケルン 3-0 フライブルク

最初のチャンスは5分のフライブルク。ブルトがペナルティーエリア外からゴールを狙うと、ボールがニーダーレヒナーの足下へ転がり、フリーでシュートを打つ。しかしケルンの守護神ホーンがこれをがっちりとキャッチした。

続いて9分、ケルンは右サイドのハーフウェーライン付近からロングスローを前線に送り、そこへ走り込んだモデステが遠めの位置から右足を振り抜いたが、枠をとらえることはできなかった。

14分には左サイドに放り込んだロビングパスを大迫が絶妙のトラップ。後方のビッテンクールトに落とし、中央のリッセへつなぐと、リッセはゴール正面からシュートを放った。しかしボールは左ポストの外側へ流れている。

フライブルクも17分、右サイドでのFKからニーダーレヒナーが頭で狙ったが、再びホーンの堅守に阻まれた。

試合が動いたのは29分、左CKからモデステが中央でヘディングシュート。これがファーサイドのネットに決まり、ケルンが先制点を奪う。

さらに31分、自陣からのクリアボールをモデステが頭で裏に流し、ソユンスとの競り合いに勝った大迫がペナルティーエリア右に持ち運ぶ。そしてGKとDFの間にセンタリングを入れ、ビッテンクールトが無人のゴールに突き刺し、ケルンが早々に追加点を決めた。

まずは1点を返したいフライブルクも33分、左からのCKにフランツが頭で合わせるも、ボールは惜しくもクロスバーの上に外れる。

そしてその10分後、ケルンは右サイド高い位置でのロングスローから、ニアサイドに走り込んだモデステがそのままヘディングで枠内に叩きこみ、あっさりと3点目を奪った。

後半開始直後の46分、フライブルクは早いテンポで左サイドを崩し、最後はニーダーレヒナーがゴール前からシュートを放ったが、ボールは右ポストのわずかに外へ。さらに58分にはフィリップが強引なミドルシュート。しかしこれは枠を大きく外れている。

60分、ケルンは裏へのスルーパスに大迫がオフサイドギリギリで抜け出すことに成功。右サイドを持ち運び、後方から走ってくるモデステにマイナスのグラウンダーパスを入れるが、モデステはDFに寄せられ、ボールに当てることができなかった。

3点差でも諦めないフライブルクは71分、中央にスルーパスを通すとペーターセンがGKと1対1の場面を迎える。しかし狙いすましたシュートはクロスバーを数cm越えてしまい、絶好のチャンスを逃してしまった。

そしてこのままスコアは動かず、ケルンが3-0の大勝を飾っている。