Summary

  • ケルン大迫、ボルシアMG戦後のコメント
  • ケルンはアディショナルタイムのゴールで逆転勝ち
  • 大迫は前半は2トップの一角、後半は一列下がってプレーした

ブンデスリーガ第11節の2日目が11月19日に行われ、大迫勇也所属のケルンが敵地でメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)に2ー1で逆転勝利を収めた。この日も先発出場して72分までプレーした大迫が試合後にコメントを残した。

——(試合中に痛めた)腰は大丈夫ですか?

大迫 打撲です。代表の時に打撲したところを試合中に2回やられて足が上がらなくなってしまいました。でも、しっかり治して頑張ります。

——劇的な勝利でしたね。

大迫 なかなかないでしょう、こういう形は。でも、ダービーだから0ー1でも何が起こるか分からない感じはあった。今日はすごくいい雰囲気でしたね。

——後半開始時に布陣が変わって大迫選手は1列後ろに下がりました。

大迫 あれでボールが回るようになりましたね。僕とヨナス(ヘクター)が起点になって。できれば前(のポジション)にいたいですけど、ボールが来ないと本当に意味がないので。今日は仕方がないかなと思います。相手がいいチームなので。

——後半はチームとして守備面でも相手の攻撃をうまくコントロールできていたのでは。

大迫 相手にボールを持たせるイメージはありました。そこからのカウンターで少なからずチャンスはあったとは思います。

——代表から帰ってきた選手をとりあえずベンチに置く監督も多いが。

大迫 僕はそのつもりはなかったし、帰ってきた時に監督から「できるか?」と聞かれて「はい」と答えました。ただ「はい」と言ったからには、もっともっとプレーで示さなきゃいけなかった。もう一度時間が空くので、もう一回リセットして頑張ります。