Summary

  • フメルスは今夏にドルトムントからバイエルンに復帰
  • ゲッツェは逆にバイエルンからドルトムントに戻った
  • 両選手はドルトムントで4シーズン一緒にプレーしていた

今夏、ドルトムントバイエルン・ミュンヘンの間でマッツ・フメルスとマリオ・ゲッツェの移籍が実現。両選手はそれぞれプロキャリアをスタートさせたクラブへの復帰を果たした。11月19日の“デア・クラシカー”で再会を果たす2人の正反対な道のりを振り返る。

第一歩

フメルス:1988年にドイツ中西部ケルン近郊のベルギッシュ・グラートバッハで生まれた。子供の頃に父親がコーチとして働いていたバイエルンのアカデミーに入団。順調に成長を続け、2006年12月にプロ契約を結び、07年5月のマインツ戦でブンデスリーガデビューを果たした。だが、その後は出場機会は限られ、08年1月にドルトムントへ移籍した。

ゲッツェ:1992年にドイツ南部ミュンヘン近郊のメミンゲンで生まれたが、父親の仕事の関係でドルトムントに引っ越した。ずば抜けたテクニックですぐに注目を集めると、2009/10シーズンにわずか17歳でブンデスリーガデビュー。対戦相手は奇しくもフメルスと同じマインツだった。

分岐点

フメルス:ドルトムントに移籍すると、すぐにバイエルンで能力を疑った者たちが間違いであることを証明。2008年から指揮を執っていたユルゲン・クロップ監督の下、ネベン・スボティッチとのコンビで主力として活躍した。2010年5月にはドイツ代表デビュー。2011年にドルトムントのブンデスリーガ制覇に貢献し、翌シーズンはDFB杯との2冠を達成した。2014年のブラジルW杯優勝にも貢献。2016年5月、複数の欧州クラブからのオファーを断って古巣復帰を選んだ。

ゲッツェ:ドルトムントでトップチーム昇格を果たすと、両足を巧みに使ったドリブルやキラーパスですぐさま主力に定着。2010年11月には18歳でドイツ代表デビューを飾り、ドルトムントではブンデスリーガ通算83試合出場、22ゴール32アシストをマークした。フメルスとともに2度のブンデスリーガ制覇を果たした後、2013年夏に宿敵バイエルンへ移籍。ブンデスリーガ3連覇を味わい、2014年のブラジルW杯では優勝を決めるゴールを奪って世界中の注目を浴びた。しかしその後はバイエルンで出場機会が減り、2016年7月に古巣復帰を決断した。

現在地

フメルス:今季のスーパーカップで早くもドルトムントとの対戦を迎え、古巣の本拠地で勝利。ブンデスリーガ第3節を負傷欠場したものの、ここまで公式戦14試合に出場している。ジェローム・ボアテング、もしくはハビエル・マルティネスとのコンビで堅守を支えており、5連覇を目指すバイエルンにしっかりと溶け込んでいる。

ゲッツェ:ここ数シーズンの不調を引きずり、トーマス・トゥヘル監督の下でまだわずかな活躍しか見せていない。慣れ親しんだ環境、仲の良いマルコ・ロイス、アンドレ・シュールレがいる理想的な条件が整っているだけに、再び輝きを放ってドルトムントを優勝に導きたいところだ。