シュトゥットガルトは11月24日、アレクサンダー・ツォルニガー監督の解任を発表した。当分の間、同クラブU-23のユルゲン・クラムニ氏が暫定監督としてチームを引き継ぐ。

シュトゥットガルトは第13節を終えて3勝1分9敗で、降格圏内に沈んでる。ベアント・ワーラー会長は、「特に前節(アウクスブルク戦)の敗戦は大きく、チームやコーチングスタッフのを分析・評価をし、この結論に至った」と話している。

ツォルニガー監督と同時に3人のコーチも解任された。