原口元気の所属するヘルタ・ベルリンは7月28日、欧州リーグ(EL)予選3回戦の第1戦(ホーム)でブロンビーIF(デンマーク)に1-0で勝利した。

ヘルタ 1-0 ブロンビー

立ち上がりはブロンビーにボールを支配される。ヘルタの最初の攻撃の形は9分、右サイドのペカリクのロングクロスはイビシェビッチにわたる前に相手GKにキャッチされた。徐々に最終ラインからビルトアップできるようになったヘルタだが、なかなかボールを前線へ運べない。21分、左サイドのプラッテンハートのクロスにワイザーが頭で合わせたが、相手DFと競り合った球は大きくゴール枠を逸れた。相手には決定的な場面をつくらせないでいたヘルタは28分、右サイドのペカリクのパスからワイザーがクロスを入れ、これをイビシェビッチがオーバーヘッドでゴールに沈めた。先制に成功したヘルタはリズムをつかみ、追加点を狙いにいったが、前半は1-0のまま折り返した。

49分、プラッテンハートがフリーで左サイドを駆け上がり、ゴール前に走り込むワイザーにクロスを送ったが、相手DFにカットされる。さらにヘルタのチャンスは続く。55分、ボールを素早くつなぐと、ペカリクのパスに最後はゴール前のイビシェビッチがダイレクトで合わせたが、これはサイドネットへ。一瞬の隙から59分に相手にループシュートを打たれたが、大きく枠を越えた。66分、カルーの強烈なミドルシュートは相手GKの好セーブに阻まれた。最後まで粘るブロンビーだったが、ヘルタはゴールを許さず。また、原口も得意の左サイドハーフから果敢に攻撃を仕掛けたが追加点は生まれないまま、1-0で試合終了。ヘルタが幸先よく先勝した。

第2戦は8月4日、ブロンビーのホームで行われる。