ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)の決勝が5月21日にベルリンで開催され、バイエルン・ミュンヘンがPK戦の末にドルトムントを破り、優勝を果たした。試合後、フル出場したトーマス・ミュラーがインタビューに応じた。

——120分を戦った後の勝利、いかがですか?

ミュラー PK戦はいつも残酷ですよね。誰かにとってはポジディブな結果になったとしても、やっぱり残酷です。

——ドルトムントのスベン・ベンダーとソクラティスがPKを失敗しました。両選手に同情はありますか?

ミュラー PK戦では起こることです。自分たちにも経験があります。サッカーにとっては普通のことです。試合について言えば、自分たちの方が明らかに良かったと思います。それでも負ける可能性もあった。だから、勝って本当にうれしいです。シーズン最高の締めくくりになりました。

——明日の日曜日、ミュンヘンでファンとお祝いする力は残っているのでしょうか?

ミュラー 日曜日、ミュンヘンでもう一度で気合いを入れますよ。どうなるか、楽しみですね。ほんとは白状すると、かなりボロボロです。この120分はハードだった。足もつりました。でも最後に勝利を収めることができて、とても良かったです。

——ミュラー選手もPK戦でキッカーを務めました。欧州チャンピオンズリーグ(CL)準決勝のアトレチコ(スペイン)戦でPKを失敗したことが頭をよぎりませんでしたか?

ミュラー はい。もちろん、アトレチコ戦で大事なPKを失敗したことは思い出しましたけど、表舞台に立つとき、鏡に映っているのはもっと良い自分の姿です。今の僕は臆病なタイプではありませんから。もし、キッカーをやりたくないと言っていたら、この先もあのことを引きずっていたでしょう。だから、ボールを持って、自分のテクニックを信じ、しっかりと決めました。何人かの選手はPK戦の前に監督に意見を言っていました。僕は「クタクタだけど、まだ頭はしっかりしている」と伝えました。それでボールを手に取ったんです。昔のオリバー・カーンみたいにね。

——ジョゼップ・グアルディオラ監督にとってバイエルンでの最後の試合でした。試合後に感極まって涙を流した以外は、とても冷静な監督でした。監督の感情の起伏に驚かれたのでは?

ミュラー いえ、僕は驚きませんでしたよ。シーズンが終了したら、機械ではなく、人へと戻ることができます。プレッシャーから解放されたのです。監督にとっては2つの意味合いがありました、自分たちはこれでシーズンというゴールに到着しましたが、監督はクラブを去ります。もし、この試合で負けていたら、彼の評価は世間では少し下がっていたかもしれません。監督はそれを分かっていましたし、だからこそ試合後に感情があふれ出たのだと思います。僕は理解できますね。

——表彰式では監督がトロフィーを掲げました。これは最初から計画されていたのでしょうか?

ミュラー このような状況ではロマンチストになる必要はありません。監督は3年間、バイエルンに力を捧げてきました。毎試合、試合前に結果が見えているのに対戦相手を研究するのは、決して楽しいことではないと思います。他の人たちの仕事ぶりを評価するために、裏方の働きぶりも見ないといけません。メディアにとっては、希望とは裏腹につかみどころのない監督だったかもしれません。でも、彼がピッチ上で成し遂げた仕事は、高く評価されるべきです。

——ミュラー選手は監督から何を得ましたか?

ミュラー とてもたくさんのことを得ました。戦術の面では自分たちをさらに成長させてくれました。それは毎試合、このドルトムントとの試合でも、皆さんも感じられたと思います。ドルトムントのようなチーム、ユルゲン・クロップ前監督時代のカウンター攻撃だけではないチーム相手にも、自分たちは主導権を握りました。ドルトムントは前線でほとんどプレーできませんでした。トーマス・トゥヘル監督は素晴らしい監督で、そういった状況にはすぐに打開を図ってきますが、自分たちの方が一枚上手でした。入念な準備をしましたから。もし、PK戦により敗れていたとしたら、このような説明できなかったでしょうが、自分たちの方が明らかに試合を支配しました。