ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)の準決勝が4月20日に行われ、香川真司の所属するドルトムントは原口元気の所属するヘルタ・ベルリンを3-0で破り、3年連続で決勝へ進出した。香川はフル出場し、1アシストを含む全得点に絡む活躍。原口は先発し、65分にベンチに下がった。

ヘルタ 0-3 ドルトムント

ヘルタは守備を徹底し、ドルトムントの攻撃を封じ込める。そのヘルタの守りをかいくぐろうとするドルトムントだが、立ち上がりはチャンスをつくることができず、激しい攻防戦が続く。最初の好機は21分、香川のロイスへのセンタリングはカットされるが、その後ろにいたカストロがこぼれ球をネットに突き刺し、ドルトムントが先制した。ヘルタは25分過ぎから徐々に前へと出始めるがカウンターまでは成功せず、ドルトムントが圧倒的に主導権を握る。41分にはミキタリヤンが左サイドでフリーのシュメルツァーにパスを送るが、シュタークがカット。その直後にはフメルスが相手DFをかわしながらシュートまで持ち込むが、これもブルックスに阻止された。前半終了間際、ヘルタにようやく最初のシュートが生まれる。ワイザーのクロスにヘーゲラーがダイレクトで合わせるも、GKビュルキの正面でキャッチされる。前半は9本のシュートを放ったドルトムントが1点のリードで折り返した。

ドルトムント香川(左)とヘルタ原口はともに先発出場

後半に入ってもドルトムントのペースで試合は進む。64分、右サイドの原口がクロスを送ったが、カストロがカット。これにより獲得したヘルタのCKにブルックスが頭で飛び込んだが、わずかにゴール左に逸れた。68分、香川のクロスをシュメルツァーが頭で落とし、ラモスが押し込んだがGKヤルステインがセーブした。その1分後のミキタリヤンの強烈なシュートもGKヤルステインが防ぐ。75分、香川の右サイドからのクロスにロイスが右足で合わせ、ドルトムントが2-0とする。さらに83分、香川のパスを受けたロイスがGKをかわしてシュート。これをゴール前のミキタリヤンが押し込み、3点目を奪った。このまま3-0でドルトムントが勝利。5月21日にバイエルンとの決勝に臨む。