2月17日、ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)準決勝の詳細日程が発表され、原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと、香川真司が所属するドルトムントによる日本人所属クラブ対決は、4月20日20時半(日本時間20日27時半)に開催されることが決まった。また、バイエルン・ミュンヘンブレーメンを本拠地に迎える一戦は4月19日に行われる。

35年ぶりにベスト4入りを果たしたヘルタが勝利すれば37年ぶりの決勝進出となり、DFB杯ファイナル開催地がベルリンのオリンピア・シュターディオンに移されてからは、初の“地元開催”が実現する。また、ドルトムントが勝ち進めば2シーズン連続決勝進出で、直近5シーズンでは実に4度目のファイナルを戦うことになる。

詳細日程は下記の通り。それぞれ左側のチームの本拠地で開催される。

4月19日20時半(日本時間19日27時半)
バイエルン - ブレーメン

4月20日20時半(日本時間20日27時半)
ヘルタ - ドルトムント