ドイツサッカー連盟(DFB)は7月15日、リオデジャネイロ・オリンピックに出場するメンバーを発表した。ケルンの守護神ティモ・ホーンや2014年ブラジルW杯のドイツ代表優勝メンバーであるマティアス・ギンター(ドルトムント)、今夏の欧州選手権(EURO)の仮登録メンバーとなったユリアン・ブラント(レーバークーゼン)らが選出されている。また、オーバーエージ枠には双子のラース・ベンダー(27)とスベン・ベンダー(27)、ニルス・ペーターセン(27)が選ばれた。メンバーは下記の通り。

GK

ティモ・ホーン(ケルン)

ヤニック・フート(マインツ)

 

DF

ロベルト・バウアー(インゴルシュタット)

マティアス・ギンター(ドルトムント)

ルーカス・クロスターマン(ライプツィヒ)

フィリップ・マックス(アウクスブルク)

ニクラス・ズューレ (ホッフェンハイム)

ジェレミー・トーリヤン (ホッフェンハイム)

 

MF/FW

ラース・ベンダー(レーバークーゼン)

スベン・ベンダー(ドルトムント)

ユリアン・ブラント(レーバークーゼン)

マックス・クリスティアンセン(インゴルシュタット)

セルジュ・ニャブリ(アーセナル/イングランド)

レオン・ゴレツカ(シャルケ)

マックス・マイヤー(シャルケ)

ニルス・ペーターセン(フライブルク)

グリシャ・プリョーメル(カールスルーエ)

デービー・ゼルケ(ライプツィヒ)

 

バックアップメンバー

レオナルド・ビッテンクールト (ケルン)

クリスティアン・グンター(フライブルク)

ゼバスティアン・ケルク(フライブルク)

エリック・オールシュレーゲル(ブレーメン)