ルーカス・ポドルスキ(ガラタサライ/トルコ)が8月15日、ドイツ代表から退くことを発表した。盟友のバスティアン・シュバインシュタイガー(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)も7月29日に代表引退を表明しており、ドイツ代表を率いてきたベテラン2選手が勇退することになる。

現在31歳のポドルスキはドイツ代表として129試合に出場。10番を背負い、これまで48ゴールを挙げた。FIFAワールドカップには2006年から3大会連続で出場し、2年前のブラジル大会では優勝を果たしている。