4月6日、欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝の第1戦が行われ、ウォルフスブルクは本拠地でレアル・マドリード(スペイン)を2-0で下すという大金星を挙げた。この試合後、ウォルフスブルクの10番を背負うユリアン・ドラクスラーが、インタビューに応じている。

――ここに来るまで、「レアルに勝った気分はどうですか?」とすでにたくさん聞かれたのではないでしょうか?

ドラクスラー うん、何度か聞かれたよ。この瞬間を喜んでいるし、自分たちに誇りを感じている。クラブのみんなが、レアル相手に素晴らしい試合をして勝利を得たことを誇らしく思っているんじゃないかな。ただし、誇りに感じていても、陶酔感には浸っていない。なぜなら、まだ第2戦が残っているからだ。

――先週金曜の第28節レーバークーゼン戦では0-3という完敗でした。この短期間でどのように立て直したのでしょうか?

ドラクスラー 説明するのは難しいけど、うまくトレーニングできたということだと思う。正直、最近のブンデスリーガではあまり調子が良くないけど、きょうのチームのパフォーマンスにはとても満足している。CLではここまで良い試合ができているし、これが続いてくれることを願っているよ。

「レアルを困らせることができた」

――すでにドイツ代表ではワールドカップ優勝も経験するなど、あなたはここまでのキャリアで重要な試合を経験してきました。きょうのレアル戦は、どのように位置づけられますか?

ドラクスラー 僕個人としては、とても、とても大きな試合だった。きょうが僕にとってはCL30試合目だったけれど、その節目でレアルに勝利。本当に素晴らしいね。この日は決して忘れないだろう。けれども、サンチャゴ・ベルナベウではまったく違う試合になることも分かっている。第2戦でもミスをすることは許されない。

――きょうのような戦い方を第2戦でもするのでしょうか?

ドラクスラー きょうはうまく試合に入ることができて、レアルを困らせることができたね。彼らを自由にプレーさせず、そして僕らのオフェンスは機能していた。まだまだ、カウンターの鋭さを改善することはできる。マドリードでの第2戦がどうなるか、今からとても楽しみだ。アウェーゴールを決めることができたら、レアルにとってはますます厳しくなるだろう。

――第2戦の前には、ホームでブンデスリーガ第29節マインツ戦があります。

ドラクスラー このような素晴らしい夜を過ごした後に、ブンデスリーガという日常に戻るのは難しいところもある。しかし僕たちはプロであり、クラブのために戦わなければならない。マインツ戦でも、きょうのような試合にしたいと思っている。

「エンリケの働きは素晴らしかった」

――誰とユニフォームを交換しましたか? クリスティアーノ・ロナウドでしょうか?

ドラクスラー いや、UEFA(欧州サッカー連盟)の親切な女性にあげたよ(笑) 彼女のことは以前から知っていてね。

――シャルケの元チームメートであり、レアルの元選手でもあるラウルからは連絡がありましたか?

ドラクスラー 何か連絡が来てるんじゃないかな。試合前に少しコンタクトを取ったからね。今の彼は、笑顔と泣き顔の両方だと思うよ。第2戦が終わって、ラウルの両目から涙が流れてくれたらうれしいね(笑)

――ブルーノ・エンリケのプレーについてはどのように感じましたか?

ドラクスラー エンリケの働きは素晴らしかった。1対1に強く、すさまじいスピードを持ち、そしてアシストも記録した。自分の能力を周囲に示すことができたと思う。来週の試合でも、同じようにチームを助けるプレーをしてくれたらいいね。

――最後の質問です。繰り返しになりますが、第2戦ではウォルフスブルクにどれくらいチャンスがあるでしょうか?

ドラクスラー それに答えるのは難しいね。レアルは第2戦で結果をひっくり返すだけの力を持っている。ただし、2-0で第1戦を勝利し、僕たちが良いポジションにいることは確かだ。準決勝進出に片足を踏み入れているのは、僕たちだと思うよ。

この試合のマッチレポートへ