バイエルン・ミュンヘンは4月5日、欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のベンフィカとの第1戦を1-0で勝利した。試合後、85分までプレーしたトーマス・ミュラーがインタビューに応じた。

——この結果に満足されていますか?

ミュラー ホームで1-0は十分に良い結果です。それでも、準決勝進出が決まったわけではありません。観客のみんな、そして僕たち選手にとっても、第2戦はドキドキ、ワクワクする試合になるでしょうね。ベンフィカが8強にふさわしいチームだということが分かりました。僕たちは少しばかり手こずりましたから。トータルでバイエルンの方が良いチームですが、ベンフィカは痛い目に遭わられることを、示しましたね。

——開始2分という早い時間帯に先制し、これ以上にないスタートに思えましたが・・・。

ミュラー その後もかなり良い試合運びでした。最初の15分は常に敵陣にフリーの選手がいました。それからは、自分たちのプレーが悪くなったからなのか、ベンフィカがうまく対応し、サイドを崩しにくくなったからなのか、分かりません。自分たちが望んでいたほど多くのシュートチャンスを得ることができませんでした。もしかしたら、これまでより冷酷ではなかったのかもしれませんね。

——具体的にどのような点で、ベンフィカに苦しめられましたか?

ミュラー 早くに得点することで、試合が簡単になるとは限りません。ベンフィカのDFとMFの距離はとても狭かったです。オフェンシブはロングボールによく反応しましたし、セカンドボールを拾いにきました。自分たちよりも体の大きな選手が多かったのも、簡単ではなかったですね。彼らはスローインからのビックチャンスもありました。スローインは避けることはできませんが、ボールがペナルティーエリア内に入るようであれば、全てを投げ出して阻止しないといけません。また、ベンフィカのスイッチを完全に切ることができないと思います。彼らはチームとして、とてもよく機能していましたから。初めて一緒にプレーするような、バラバラのチームではありません。そうではなく、彼らは彼らにできることをすでに理解しています。

——ベンフィカはバイエルン戦ですべきプレーをしたのでしょうか?

ミュラー 彼らが0-1で負けたことを、忘れてはいけません。ベンフィカが満足しているのか分かりませんが、自分たちは試合終了間際の得点のチャンスを逃したことを、残念に思っています。それ以外は大きなチャンスはありませんでしたが、CLの準々決勝は簡単ではありません。 

——1-0での勝利は3回目です。

ミュラー それはポジティブな傾向ですね。シーズン終了まで貫くことができれば、いいですね。

——ベンフィカは第2戦、ストライカーのヨナスが出場停止です。バイエルンにとってアドバンテージですか?

ミュラー 彼はベンフィカでとても良い役割をしていたし、経験豊富なFWです。だから、彼がいないことを僕たちは悲しんではいませんよ。

——アウェーにも関わらず、多くのベンフィカのサポーターが会場に詰めかけました。リスボンではどのようなことが待ち受けているでしょうか?

ミュラー とても素晴らしい雰囲気になるでしょうね。それについては、選手もバイエルンのファンも楽しみにしています。

この試合の記事へ