バイエルン・ミュンヘンは4月27日、欧州チャンピオンズリーグ(CL)のアトレチコ・マドリード(スペイン)との準決勝・第1戦をアウェーで戦う。3シーズンぶりの決勝進出を目指すバイエルンが、アトレチコに勝利する5つの理由を紹介する。

監督対決

バイエルンのジョゼップ・グアルディオラ監督とアトレチコのディエゴ・シメオネ監督のサッカースタイルは非常に対照的だ。グアルディオラ監督はバルセロナとバイエルンで、現代サッカーの攻撃の要素を“再定義”してきた人物である。一方、シメオネ監督は2011年にアトレチコの監督に就任し、同クラブのサッカーを守備的にシフトした。

両監督の過去の対戦はこれまで一度きりで、2012年2月26日のスペインリーグ。当時バルセロナを率いていたグアルディオラ監督が2-1でアトレチコを下している。

シメオネ監督は低迷していたアトレチコを復活させ、2013/14シーズンには同大会準優勝を果たすなど成果を挙げてきた。しかし、経験で言えば、グアルディオラ監督には敵わないだろう。グアルディオラ監督は選手時代に1回、監督として2回、同大会のタイトルを獲得している(いずれもバルセロナ所属)。

バイエルンの攻撃力

バイエルンは今季のCLでロベルト・レバンドフスキとトーマス・ミュラーがそれぞれ8ゴールを挙げ、チーム全体で28得点。また、キングスレイ・コマンは、ネイマール(バルセロナ)とアレシクス・サンチェス(アーセナル)と並び、今大会最多の5アシストをマークするなど、攻撃力が爆発している。今大会わずか16失点のアトレチコにどのように立つ向かっていくか、楽しみだ。

前回の対戦を境に・・・

CL常連とも言える両クラブだが、42年もの間、相見えることはなかった。前回の対戦は1974年の欧州カップ(現CL)の決勝で、1-1の引き分けに。その後、再試合にもつれると、バイエルンが4-0で圧勝した。しかも、ここからバイエルンは同大会でクラブ史上初の3連覇を成し遂げている。

フルメンバー

昨季、バイエルンが準決勝でバルセロナに敗れた際には、アリエン・ロッベンやフランク・リベリ、ダビド・アラバを欠いており、鼻を骨折したロベルト・レバンドフスキはマスクを装着しての強行出場だった。今回の欠場見込み選手はロッベンとホルガー・バートシュトゥーバーのみ。3カ月離脱していたジェローム・ボアテングはチームとともにスペインに乗り込んでおり、この試合での復帰が濃厚だ。

グアルディオラ監督の下、初の決勝へ

バイエルンには特別なモチベーションがある。それは、チームを3シーズン率いたジョゼップ・グアルディオラ監督との最後に、CLで優勝すること。レバンドフスキは「CLで優勝して、グアルディオラ監督との別れに花を添えられたらいいですね。バイエルンで一緒にやってきて、最後の最後の仕上げになるでしょう」と指揮官への思いを語っている。

グアルディオラ監督らの前日会見へ
「3チーム目で、3度目の優勝トロフィーを掲げる」、アロンソのインタビューへ