今季のブンデスリーガには9人の日本人選手が所属している。第12節終了時点の成績を6つのカテゴリーで比較した。最多となる3部門で1位を獲得したのはドルトムントの香川真司だった。

※90分あたりの走行距離の正確な数字は、香川が11.478kmで、清武が11.462km

中間査定のリンク集へ