ブンデスリーガ2015/16シーズンは残り7試合となった。ここで各クラブの現在の状況をおさらいする。第6回は9位の大迫勇也が所属するケルンをチェック!

チーム状況

現在9位と、順位表の上半分に位置しているケルン。シーズン序盤は快進撃を見せ、その後も極端にパフォーマンスが落ちることなく安定した戦いを披露しており、残留争いとは無縁の日々を過ごしている。したがって、今季ここまでの結果について、同クラブの面々はそれなりに満足感を覚えていることだろう。ただし、直近5試合で得た勝利はわずかに1度。シーズン後半戦でもたった2勝しか挙げられていないため、油断は禁物とも言える。

ラスト7試合の対戦相手

今後の展望

6位レーバークーゼンとの勝ち点差は9あり、現実的に考えれば来季欧州リーグ(EL)プレーオフ出場権獲得は厳しいと言わざるをえない。ただし、今シーズン残りの7試合で対戦する強豪クラブはドルトムントのみ。先述のレーバークーゼン、また7位マインツとの直接対決も控えているため、まずはその2試合に勝利し、さらに両クラブがつまずくことになれば、大逆転でのEL滑り込みとなる可能性もゼロではない。しかし同時に、17位アイントラハト・フランクフルトとの差もわずかに6ポイントしかなく、ホッフェンハイムダルムシュタットアウクスブルクブレーメンなど下位クラブとの対戦で連敗が続けば、一転して残留争いに巻き込まれかねない。

キープレーヤー:レオナルド・ビッテンクールト

  • 第26節ハノーファー戦では今季初の1試合2ゴールを奪い、古巣相手に痛烈な恩返しをしている。

  • これまで23試合で先発出場。オフェンシブMFとして攻撃にアクセントを加えている。直近3試合では3得点を決めるなど、調子は上向き。

大迫勇也

開幕戦でチーム3点目のダメ押し弾を決め、上々の滑り出しとなったが、その後ここまで0ゴール0アシスト。本職のFWではなくサイドMFでの起用が続き、守備に時間を割かれるなど、本来の持ち味を出せないでいる。ここ5試合のうち後半途中からの出場は3回で、そのうち2回は80分以降の登場。また残りの2試合は出場機会さえ与えられないなど、ペーター・シュテーガー監督の信頼を100%勝ち取るまでにはいたっていない。

大迫のスタッツへ

他のクラブの状況は?「チームチェック一覧」はこちらから