ブンデスリーガ2015/16シーズンは残り7試合となった。ここで各クラブの現在の状況をおさらいする。第7回は酒井高徳が所属する12位のハンブルガーSVをチェック!

チーム状況

2シーズン連続でブンデスリーガ2部3位との入れ替え戦に臨んだハンブルクの現状は思わしくない。今季前半戦は勝ち点22を獲得し、10位で越年となったところまでは良いが、2016年に入り10試合で2勝5敗3分と、十分なポイントを得られていないのだ。連敗のままインターナショナル・ウィークに突入しているチームをどう立て直すのか、ブルーノ・ラバディア監督の手腕に注目したい。

ラスト7試合の対戦相手

今後の展望

自動降格圏の17位アイントラハト・フランクフルト、入れ替え戦に臨む16位ホッフェンハイムとの勝ち点差は、たったの4しかない。2クラブとの直接対決はすでに消化してしまったが、15位アウクスブルク、14位ブレーメン、13位ダルムシュタットとの対戦は控えており、これらの結果次第では、3シーズン連続での入れ替え戦もいよいよ現実味を帯びてくる。まずは次節のハノーファー戦で、同じ北ドイツのライバルを叩き、その後の正念場に向け弾みをつけたいところだ。

キープレーヤー:ニコライ・ミュラー

  • 今シーズンは序盤から右MFレギュラーの座を確保し、ここまで7ゴールを記録。現在チーム内得点王である。

  • 直近13試合で6ゴール1アシスト。第25節ヘルタ・ベルリン戦では今季初の1試合2得点をマークした。

酒井高徳

今季初の公式戦となったドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)1回戦には出場したものの、その後リーグ戦では開幕から第7節まで出番がなく、第8節ヘルタ戦でようやく今シーズン初出場を果たした。その後、第9~11節、第18~19節はピッチに立てなかったが、それ以外は第26節レーバークーゼン戦を除き全試合フル出場するなど、ようやく本来の力が戻ってきた。右SBとしての地位をより確固たるものにするため、守備面だけでなく、攻撃面でもプラスアルファをチームにもたらしていきたい。

酒井高のスタッツへ

他のクラブの状況は?「チームチェック一覧」はこちらから