ブンデスリーガ2015/16シーズンは残り7試合となった。ここで各クラブの現在の状況をおさらいする。最終回は清武弘嗣、酒井宏樹、山口蛍が所属する最下位のハノーファーをクローズアップ。

チーム状況

ハノーファーが残留に向けて厳しい状況に置かれていることは、事実だ。2部との入れ替え戦に回る16位との勝ち点差はすでに10。第27節終了時点で最下位クラブがこの位置からこれほど突き放されたことは、ブンデスリーガの歴史でこれまでなかった。

人材が不足しているわけではない。また、チーム走行距離は1試合平均116.7kmとリーグ4位の成績。それでも後半戦に入って1勝9敗と勝つことができず、負のスパイラルに陥っている。

ラスト7試合の対戦相手

今後の展望

第27節終了時点で最下位だったクラブが残留したことは、過去に6回ある。昨季はシュトゥットガルトがこれに成功した。とはいえ、この時点で同クラブの16位との勝ち点はわずか2で、その他の降格を免れたクラブも同様に僅差だった。

GKロンロバート・ツィーラーは、前節の17位のアイントラハト・フランクフルトとの試合後、「先週、大きな奇跡が必要だって言ったけれど、次はもっと大きな奇跡が必要だ」と話している。今後、ヘルタ・ベルリンメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)、シャルケバイエルン・ミュンヘンら強豪との試合が残っている。奇跡を信じ、ベストを尽くすしかない。

 

キープレーヤー:清武弘嗣

  • 第23節のシュトゥットガルト戦で約3カ月半ぶりに先発復帰。FKから2得点をお膳立てし、チームの9試合ぶりの勝利に貢献した。

  • 負傷により12試合を欠場しているにも関わらず、得点とアシストの合計数はチームトップの8回(3得点5アシスト)。157分に1回、ゴールに絡んでいる計算となる。もし、今季全試合に出場していたら、同数は20回に及んでいただろう

清武のスタッツへ

酒井宏樹&山口蛍

今冬、山口が加入し、日本人3選手が所属。エースの清武はけがで離脱していたため、この中でコンスタントに出場していたのは右SBの酒井だ。第24節でウォルフスブルクに0-4の大敗を喫した際には、「すごく厳しい現実、厳しい状態なのは分かっていますけど、それでも残留というのが僕たちの大きな目標なので、そこに向けてやり続けるしかない」と話していた。山口は不慣れなポジションでの起用が多く、先発しても前半のうちに交代させられることが2回あった。本職ボランチで出場した第23節シュトゥットガルト戦では、清武と息の合ったコンビネーションを見せたのだが、チームには完全にフィットしたとは言い難い。また、3月29日の日本代表戦で相手と競り合った際に鼻骨と左眼窩底(がんかてい)を骨折という悪い知らせも入ってきている。

酒井のスタッツへ
山口のスタッツへ

他のクラブの状況は?「チームチェック一覧」はこちらから