バイエルン・ミュンヘンは11月30日、ロベルト・レバンドフスキの得点記録が、世界記録としてギネスブックに認定されたことを、公式ツイッターで伝えた。

9月22日に行われたブンデスリーガ第6節ウォルフスブルク戦で後半開始から出場したレバンドフスキは、わずか8分59秒の間に5得点を挙げた。それによって打ち立てたハットトリック、1試合4得点と5得点に要した時間の最短記録、そして交代選手による5ゴールの合計4項目が世界記録として認定されたのだ。

4枚の賞状を受け取ったレバンドフスキは「私にとっても歴史的な夜でしたよ」と、誇らしげに記録を樹立した試合を振り返り、夢のような記録を現実だと捉えるまで数週間を要したため、試合の直後は家族が彼以上に喜んでいたことを明かした。 38年前のディーター・ミュラー氏による記録「1試合6得点」に、惜しくも並ぶことができなかったが「天の誰かが、この試合は5ゴールでいいだろうと考えたのでしょう」と、話した。現在14得点を挙げ、得点王争いではピエールエメリック・オバメヤン(ドルトムント)の17得点を追っているストライカーは「得点王になるためには、今の倍くらいゴールしなくてはね」と、さらなる高みを目指している。