11月13日、フランスの首都パリで起きた同時多発テロ事件に対し、ブンデスリーガが遺憾の意を表明した。死者120人以上、負傷者350人以上の大惨事となった今回の事件では、フランス代表対ドイツ代表の親善試合が行われていたスタジアムの敷地内でも、爆発が起こっている。

被害に遭われた方々に心よりお悔やみを申し上げます。

ドイツサッカーリーグ関係者談話

ラインハート・ラウバル博士(リーグ協会会長) 今回テロが発生したことについて、非常に動揺しています。犠牲者、そしてそのご家族の方々に心よりお悔やみを申し上げます。

クリスティアン・ザイファート氏(ドイツサッカーリーグCEO) パリから届いたニュースを耳にし、大きなショックを受けました。犠牲者のご家族、そしてフランスの方々にお悔やみ申し上げます。

Twitter上でのクラブ・選手の反応

ブンデスリーガ第13節で黙とうの実施が決定