武藤嘉紀が所属するマインツは5月19日、キャプテンのMFユリアン・バウムガートリンガー(28)がレーバークーゼンへ移籍することを発表した。契約は2020年まで。

オーストリア代表のバウムガートリンガーは2011年にマインツに加入し、通算124試合に出場した。

レーバークーゼンのルディ・フェラーSDは、「彼は我々のチームに非常に適している。キャプテンシーがあり、野心があり、身体能力に優れ、戦術も器用にこなす個性的な選手だ」と話している。