長谷部誠の所属するアイントラハト・フランクフルトは5月18日、DFマーコ・ルス(30)に腫瘍が見つかったことを発表した。

同選手はドーピング検査におけるホルモン分泌(HCG値)が異常に高かったため、専門医によるさらなる検査を受けた結果、腫瘍が発見された。

このニュースを受け、ブンデスリーガのクラブや選手らが同選手に向けて励ましの言葉を送っている。