香川真司の所属するドルトムントは6月6日、バイエルン・ミュンヘンからMFゼバスティアン・ローデ(25)を獲得したことを発表した。契約は2020年6月30日まで。

ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSDは、「ゼバスティアン・ローデはダイナミックで、1対1に強く、性格もとても素晴らしい選手だ」とコメント。ローデは「子どもの頃からドルトムントのファンだったので、大好きなクラブに移籍できてとてもうれしい。トーマス・トゥヘル監督は一流の指導者で、トップクラスのチームメイトもいる。この新たな挑戦、そして黄色と黒に染まったジクナル・イドゥナ・パークでの最初のホーム戦がとても楽しみだ」と話している。

ローデは2010/11シーズンにアイントラハト・フランクフルトでブンデスリーガデビュー。2014/15シーズンからバイエルンに所属し、ブンデスリーガの通算出場数は99試合(5得点)。