2016/17シーズンのブンデスリーガは8月26日にスタートする。そこで当サイトでは「プレシーズンチェック」と題し、各クラブの今季展望を探っていく。第6弾は武藤嘉紀が所属するマインツ

(1)今シーズンの目標

マインツの根本的な目標は、毎シーズン変わらない。1年1年、ブンデスリーガでの地位をより強固なものにしていくことだ。しかしマーティン・シュミット監督が「欧州カップ戦出場は非常に高い負荷がかかる。しかしそれを通じ我々が成長できるということを証明したい」と話したように、欧州リーグ(EL)に参戦する今季は昨シーズンと比べ、前半戦だけでも6試合増加。さらにそのうち3試合はアウェーでの戦いとなっており、「いかにリカバリーするか」という作業が加わるようになる。2013/14シーズンのフライブルクや、昨季のアウクスブルクがそうだったように、選手層が薄い小中規模のクラブがELに参戦すると、過密日程を乗り越えることが困難になり、肝心のリーグ戦で低迷する危険性は増大する。シュミット監督にとってはチームマネージメント力が問われる1年となりそうだ。

(2)指揮官

素早い攻守の切り替えをチームに植え付け、マインツを戦う集団に育てあげたシュミット監督。かつて同クラブで指揮を執っていたトーマス・トゥヘル監督やユルゲン・クロップ監督など、今では欧州から引く手あまたとなった両指揮官よりも、シュミット監督のほうがマインツで好成績を収めているという点は、あまり知られていない。昨季に続き、今シーズンも4-2-3-1のフォーメーションで戦うことは濃厚だが、主将だったユリアン・バウムガートリンガー、守護神ロリス・カリウスの2人が移籍してしまったことで、早急に新戦力をチームにフィットさせる必要がある。

(3)キープレーヤー

2015/16シーズン第24節バイエルン・ミュンヘン戦で決勝点を決め、期限付きから完全移籍となったジョン・コルドバ、そして10番を背負うユヌス・マリが攻撃の軸としてチームを牽引していく。チェルシー(イングランド)で欧州チャンピオンズリーグ(CL)を制覇したディディエ・ドログバをお手本とする前者は、体を張ったポストプレーを得意とし、最前線で起点を作ってくれるセンターフォワード。後者は昨季初めてシーズン10得点以上を決めるなど、成長著しい司令塔。またサイドにもクリスティアン・クレメンス、ハイロ・サンペリオ、武藤嘉紀など実力者が揃っており、活躍が期待される。

(4)豆知識

・今夏ギャンガン(フランス)から加入したGKヨナス・レッスルは、ボー・スベンソン、レオン・アンドレアセン、モルテン・ラスムッセン、ニコ・ジムリングに次いでクラブ史上5人目のデンマーク人となる。

・マインツは昨シーズン、1試合平均の走行距離が117.7kmで18クラブ中トップだった。

・2005/06シーズン、2014/15シーズンにもマインツはELに出場しているが、どちらも本戦出場は叶わず、予選で敗れている。

プレシーズンチェック(1):アイントラハト・フランクフルト

プレシーズンチェック(2):アウクスブルク

プレシーズンチェック(3):ケルン

プレシーズンチェック(4):ハンブルガーSV 

プレシーズンチェック(5):ヘルタ・ベルリン