2016/17シーズンのブンデスリーガは8月26日にスタートする。そこで当サイトでは「プレシーズンチェック」と題し、各クラブの今季展望を探っていく。第4弾は酒井高徳が所属するハンブルガーSV

(1)今シーズンの目標

開幕戦でバイエルン・ミュンヘンに0-5で敗れ、最下位からのスタートとなった昨季は、10位で戦いを終了。近年では最も安定したシーズンを過ごした。今季を迎えるにあたり、シュトゥットガルトからフィリップ・コスティッチを、バルセロナ(スペイン)からアレン・ハリロビッチを、そしてアイントラハト・フランクフルトからルカ・バルトシュミットを獲得し、攻撃的MFの層は各段に厚くなった。また、FWでは日系人のボビー・ウッド、GKにもクリスティアン・マテニアが加わり、それぞれピエールミシェル・ラソッガとレネ・アードラーのバックアッパーを務めることも決定。指揮官の口から明確な順位目標などは語られていないが、4シーズンぶりの1桁順位を目指すことは明白であり、あわよくば欧州リーグ(EL)出場権も狙っていきたいところだ。

(2)指揮官

一昨季の入れ替え戦からハンブルクを救い、昨季は順位を大きく浮上させたブルーノ・ラバディア監督は、今夏4-3-3も試してはいるものの、おそらく今シーズンも4-2-3-1を基本フォーメーションとして戦うことが予想される。最終ラインやボランチでの補強はなかったため、同監督は少なくとも、ディフェンスにはかなり手ごたえを感じている様子であり、攻撃面の連携をどれだけ早く構築できるかが、今季の明暗を分けることになりそうだ。

(3)キープレーヤー

ハンブルクでは、右サイドを単独で突破できるミュラーが攻撃のキーマンだった。しかし、ラバディア監督や酒井の古巣シュトゥットガルトから今夏やってきたコスティッチも、ミュラー同様個人で局面を打開する力を持っている。左利きのセルビア人とミュラーの両翼コンビは、相手にとって間違いなく大きな脅威。サイドから突破を図るシーンが、今季は多く見られそうだ。

(4)豆知識

・ブンデスリーガに54シーズン在籍するただ1つのクラブがハンブルク。

・昨季のチーム得点王はFW陣ではなく、右MFのミュラーで、9ゴールを決めた。

・ハンブルクは昨季FW陣の得点が9しかなく、ハノーファーと並び全クラブで最低だった。

プレシーズンチェック(1):アイントラハト・フランクフルト

プレシーズンチェック(2):アウクスブルク

プレシーズンチェック(3):ケルン