ブンデスリーガ誕生の1963/64シーズンから現在まで唯一、1部に所属し続けているハンブルガーSV。その名門も2013/14、2014/15シーズンは2年連続で16位となり、ブンデスリーガ2部との入れ替え戦の末になんとか降格を免れた。2015年4月に就任したブルーノ・ラバディア監督は昨シーズン、終盤の残留争いに加わることなく、チームの最終順位を10位に引き上げた。同監督が当サイトの独占インタビューに応じ、来るシーズンに向けて抱負を語ってくれた。

——ブンデスリーガの開幕節、インゴルシュタット戦(8月27日)まで5週間ほどあります。今シーズンのハンブルクはどのような目標を掲げているのでしょうか?

ラバディア 昨シーズンの10位以上の順位になるためには、チーム全体で想像を超えたハードワークが不可欠なことを我々は分かっています。それでも、チームがもう一歩、前へ進むところを見たかったですし、それが今シーズンはできるといいですね。

——昨シーズンのハンブルクは特に安定性に欠けていました。シーズンを通し、連勝したのはたったの1回です。勝利と敗戦、引き分けを繰り返しました。どのようにもっと安定させていですか?

ラバディア 安定性というのは、それを目標に設定した練習によって訓練できるものではありません。我々は全体的なクオリティーを上げられるよう、もっともっと頑張ります。それができたら、勝利の回数が増え、連勝を飾ることもできるでしょう。

——ある新加入選手に注目が集まっています。バークレー・ジャッタは難民としてドイツに来て、テスト期間を経て、チームとプロ契約を結びました。この若者に対して、どのように思われますか? 彼の際立つ能力やポジションについて教えてください。

ラバディア バークレー・ジャッタには悲哀に満ちたバックグラウンドがあります。しかし、当然ですがそれが彼を獲得した理由ではありません。彼にはブンデスリーガのレベルでも類まれな身体能力とスピードがあり、攻撃的なサイドの位置で試合に出られるでしょう。それと同時に、彼はあらゆるテクニックについて遅れを取り戻さなければなりません。我々は皆、メディアも含めて責任があり、彼にハンブルクの町、ハンブルクのチームに順応する時間を与えてあげるべきです。

——ダルムシュタットからGKのクリスティアン・マテニアを獲得しました。レネ・アードラーとレギュラー争いをすることになるのでしょうか?

ラバディア レネ・アードラーは経験豊富な選手です。彼は昨シーズン、良いパフォーマンスを見せました。クリスティアン・マテニアを獲得したのは、彼に大きなポテンシャルを感じているからです。彼はレギュラー争いに向けてエンジンをかけてもよいでしょう。

——攻撃的選手としては、ユニオン・ベルリンからボビー・ウッドを獲得しました。この夏、アメリカ代表としてコパ・アメリカに出場しています。彼はFWのポジションにおける希望の星でしょうか? どのようなことを期待していますか?

ラバディア ボビー・ウッドはブンデスリーガ2部からやって来るので、希望の星という表現は間違っていると思います。それでもユニオン・ベルリンで昨シーズン、素晴らしいプレーをし、アメリカ代表ではさらに成長した姿を見せました。彼のクオリティーが我々の力になることを確信しています。

——監督はわずかな自由時間には何をされていますか? 喧騒からシャットアウトする一番の方法は? 丸1日、チームのことを全く考えないことはあるのでしょうか?

ラバディア ありませんね(笑) でも、定期的に休憩を取ることを学びました。それがわずか2時間だとしても。常にできるわけではありませんが、月並みなこと、家族と映画を見に行くなど、サッカーや監督業の狭い世界から少し距離を置くだけでも十分だったりします。私は毎日、同じ空間にいるわけですが、そこから出て、視界を変え、サッカーとは無関係の人たちと話すことで初めて、成長することができます。そのような場所で目から鱗のような発見も生まれますし、それが仕事に役立っていきます。