酒井宏樹が6月23日、ハノーファーからフランスリーグ1部のマルセイユに移籍することが明らかになった。

酒井は2012/13シーズンに柏レイソルからハノーファーへ加入。4シーズンで92試合に出場、2得点を挙げた。2015/16シーズン、ハノーファーは最下位に終わり、新シーズンはブンデスリーガ2部への降格が決まっていた。

なお、ハノーファーに所属していた清武弘嗣はスペイン1部のセビージャへ、山口蛍はセレッソ大阪(J2)へ復帰し、同クラブ所属の日本人選手はいなくなる。